BLESSにおすすめのBTOパソコン

2017年11月サービス開始のゲームオンが運営する新作MMORPG BLESS。久々の大型MMORPGタイトルで注目の一作ですが、このBLESSをフルHD解像度で快適にプレイするためには、どんな構成が良いかをチェックしていきましょう。

BLESSの推奨スペック

海外では先行してサービスが開始されており、高スペックマシンでもかなりfpsが出づらいようです。まずは公式サイトで発表されている推奨スペックを見ていきましょう。

  • OS : Windows 7/8/10 64bit(32bitは動作不可)
  • CPU : Intel Core i7-7700 / AMD RYZEN 7 1700
  • メモリ : 16GB以上
  • Direct X : DX 9.0c以上
  • HDD/SSD : SSD 55GB以上
  • グラフィックカード(NVIDIA) : GeForce GTX1060
  • グラフィックカード(AMD) : Radeon RX580

推奨スペックはハイエンド近いクラスのスペックを提示しています。また動作環境チェックプログラムが提供されているので、動作スペックを満たしているかは簡単にチェックできるようになっています。

BLESS用パソコンのパーツの選び方

BLESSのグラフィック設定は設定1から5まであり、5が最高設定です。最高設定ではキャラクターやNPCの動きも表現されており、より世界観を実感できるようになっています。この動作環境をもとに、最高設定である設定5でBLESSをプレイするためのパソコン選びのポイントとなるパーツを見ていきましょう。

OS

BLESSではOSは64bitのみのサポートです。32bitのOSでは動作しませんので注意してください。Windows 10 64bitがベストな選択です。

CPU

CPUはCore i7-7700もしくはRYZEN 7 1700が推奨CPUです。Core i7-7700は第7世代のKaby Lakeで、ベースクロック3.6GHzで最大クロックは4.2GHzの4コアCPUです。対してRYZEN 7 1700はベースクロック3GHzで最大クロックは3.7GHzの8コアCPUです。似たスペックのCPU同士ですので、推奨ラインとしては3.7GHz以上の4コアCPUということで、CPUの動作推奨ラインはそれほど高いものではありません。

メモリ

BLESSの推奨スペックとして驚きなのはメモリです。なんと推奨16GBとなっています。しかし実際には6GB前後の消費でしたが、ブラウザなどの他のアプリケーションを立ち上げるのであれば8GBでは不足するでしょう。fpsの急激な低下にもつながりますので、メモリは16GBあると安定です。

HDD/SDD

BLESSは55GBとかなりの容量を必要とします。推奨にはHDDではなくSSDで55GB以上となっています。BLESSもエリア移動などMMORPG特有のデータロードが多くありますので、SSDは必須といえるでしょう。

グラフィックボード

推奨ではGTX1060またはRX580となっています。しかし最高設定ではGTX1060クラスですとfpsがかなり低く、人がいない場所でもカクカクしていると感じます。このゲームのウリでもある綺麗なグラフィックと二大勢力間の多人数バトルをGTX1060クラスで堪能することはできません。最高設定で快適にプレイするためにはGTX1070Tiは必須でしょう。このGTX1070Tiが価格をグッと引き上げてしまうため、かなりの高額パソコンが必要になってしまいます。
 

BLESSにおすすめのBTOパソコン

BLESSはBTOメーカー各社から推奨パソコンが発売されました。GTX1080以上での推奨パソコンはドスパラのGALLERIAのみですが、特典アイテムがついたパソコンは各社からも発売されています。少しでもライバルよりも先に行きたい方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドスパラ ガレリア ZZ

BLESS推奨BTOパソコンで唯一GTX1080を上回っているのがこのデスクトップです。GTX1080どころかRTX2080Tiです。CPUとメモリも完璧です。これなら最高画質にしてレイドに参加してもカクカクしません。数年先にBLESSがアップデートにより重くなったとしてもまだ余裕でサクサクです。一番おすすめですね。

ドスパラ ガレリア ZV

私が提案するBLESS推奨スペックに近いBTOパソコンです。推奨モデルよりも安いので理想的なデスクトップではないでしょうか。GTX1070Ti、CPUにある程度余裕をもたせた形です。ストレージもバランスがいいですね。ただしメモリ容量が8GBしかないので16GBにしてください。