GTX1660搭載のおすすめBTOパソコンまとめ

GTX1060 6GBの正式な後継機がGTX1660です。GTX1660はGTX1060より最大20%ほど高性能なグラフィックボードです。しかしゲームによってはGTX1060と同等だったりします。

もしもGTX1070並の性能が欲しい場合は、GTX1660Ti搭載BTOパソコンのほうがおすすめです。とはいえGTX1660搭載BTOパソコンのほうが安いことは間違いなので、あまり重くないゲームだけをプレイするならGTX1660をおすすめします。

さて、GTX1660搭載BTOパソコンと言っても他のパーツは様々です。BTOメーカーによって組み合わせているパーツはかなり違いますし、価格にも数万円の差があります。どれが適切でコスパが良いのかを解説します。

BTOメーカー別GTX1660搭載BTOパソコン

ではBTOメーカーが販売しているGTX1660搭載BTOパソコンからおすすめのモデルをご紹介します。

【ドスパラ】ガレリア XJ

性能、コスパ、パーツのバランスを比較すると、ドスパラのデスクトップが一番おすすめです。事実、GTX1660搭載BTOパソコンでは最も人気のモデルです。

Core i7-8700、メモリ8GB、240GB SSD + 1TB HDDと定番のパーツ構成です。ほとんどのPCゲームがサクサク動く性能なのに、15万円以下で購入できるのが凄いです。

【G-Tune】NEXTGEAR-MICRO im610SA6

対抗馬はG-Tuneです。CPUはCore i7-9700Fとドスパラよりも高性能です。ストレージ構成は一緒です。ただ、基本的にドスパラよりも1万円くらい高額なので、コスパでは負けています。

しかしG-Tuneがセールをやっている場合は話が別です。メモリが16GBになっていることがあります。さらに12万円台まで値下げしていることもあります。最新情報を比較して、コスパの良いほうを選ぶことをおすすめします。

【ドスパラ】ガレリア DJ

もっと安いGTX1660搭載BTOパソコンもあります。ドスパラはCore i5 CPUを採用することにより、Core i7より数万円安いGTX1660搭載BTOパソコンを販売しています。

税込みで約10万円という激安価格です。こんなに安くてもメモリは8GBです。ただしストレージ構成は最低でも240GB SSD + 1TB HDDになっているか確認してください。HDDしか搭載されていなかったらSSDをカスタマイズで追加しましょう。