RTX3080搭載のおすすめBTOパソコンまとめ

NVIDIAグラフィックボードが新しくなりました。2018年から続いていたRTX20シリーズが、2年ぶりにRTX30シリーズへと変わったのです。

最初に販売されたのがRTX3080です。RTX2080の後継機ですね。ベンチマークスコアはRTX3080のほうが50%くらい高性能です。なんとRTX2080Tiをも上回る性能ですから、人気が出るのも当然です。

例えばドスパラだと発売数日後にはRTX3080搭載BTOパソコンが売れ筋ランキング1位になっていました。グラフィックボード単体も品薄状態が続いているくらい人気です。

BTOメーカー別RTX3080搭載パソコン

日本国内のBTOメーカーはいくつかのRTX3080搭載BTOパソコンを販売しています。グラボ以外のパーツが異なるだけでなく、価格も変わってきます。それぞれのBTOメーカーからおすすめのRTX3080搭載BTOパソコンをご紹介します。

【ドスパラ】ガレリア UA9C-R38

この記事を書いているときにドスパラのサイトを見たら、このBTOパソコンが売れ筋ランキング1位でした。スペックを見たら納得です。定番のCore i9-10900K + メモリ32GBとゲームや配信をするのにぴったりなパーツです。それに加えて高速な1TB NVMe SSDまで入っています。全体的にハイスペックなパーツ構成なのに、意外と安くて本当におすすめです。他にもCore i7やRyzen搭載モデルもあり選択肢が多いため、RTX3080搭載BTOパソコンはドスパラで買うのが一番おすすめです。

【G-Tune】EP-Z

G-Tuneは水冷CPU搭載モデルです。MASTERPIECEシリーズはハイエンドなゲーミングPCで、メモリが32GBも搭載されています。PCケースのサイドパネルを透明にすることができますから、格好良いデスクトップを使いたい人にもおすすめです。NEXTGEARシリーズやNEXTGEAR-MICROシリーズは今度登場するはずです。

【パソコン工房】LEVEL-G049-iX7K-VAXH

最安値のRTX2080搭載BTOパソコンが欲しい人はパソコン工房を選びましょう。なんと25万円以下で購入可能です。Core i7-10700K + メモリ16GBなので当然かもしれませんけどね。とはいえ500GB NVMe SSD + 2TB HDDとパーツ構成のバランスは優れています。パソコン工房はすぐに各モデルが売り切れてしまうので、買うなら早めをおすすめします。

【ツクモ】G-GEAR GA7J-I202/ZT

ツクモにもなかなかコスパの良いRTX3080搭載BTOパソコンがあります。Core i7-10700K + メモリ16GB、ストレージは500GB NVMe SSD + 2TB HDDとちょうどいいですね。他にRyzen 5搭載の安いデスクトップもあるのですが、CPUがボトルネックになるとRTX3080の性能が正しく発揮されないので、高性能CPU搭載モデルをおすすめします。

比較してみると一番のおすすめはドスパラです。ドスパラは色々とカスタマイズできるのも嬉しいです。次点でパソコン工房かツクモですね。