安いパソコンが欲しいなら日本のBTOパソコンを選ぼう

パソコン選びで絶対にやっていけないことがあります。それは海外メーカーのパソコンを買うことです。海外メーカーのパソコンは非常に高額で、コスパが悪いことで有名です。

逆に日本のBTOパソコンは海外とは比較にならないほど激安です。パソコンとは所詮パーツの集合体です。ブランドイメージを価格に上乗せしている海外メーカーのパソコンなんて選ぶ意味がないのです。

BTOパソコンメーカーおすすめランキング

日本のBTOパソコンメーカーはどれもコスパ抜群です。でもメーカーによって色々な差があります。パソコンの価格が変動することもあります。2016年なら以下のBTOパソコンメーカーがおすすめです。

ドスパラ


ドスパラが最強です。というか、他のBTOパソコンメーカーをわざわざ選ぶ必要が無いほど、ドスパラはメリットだらけです。まず格安のデスクトップやノートPCからハイスペックなゲーミングPCまで揃っています。

デスクトップは大型で高性能なハイタワー、小型のゲーミングPC、Windowsタブレット、スティックPC等、どのBTOパソコンメーカーよりも種類が豊富です。しかも安い!だからこそ日本で圧倒的な人気があります。

mouse


正直なところドスパラに勝てるBTOパソコンメーカーって存在しません。でも唯一の対抗馬はmouseです。Mouse最大の長所はノートパソコンが充実しているところです。

BTOノートパソコンは海外ノートPCや国内大手PCメーカーよりも激安です。同じ価格のノートパソコンを比較したら、スペックが2倍なんてこともあります。Mouseは日本で一番ノートパソコンに力を入れているBTOパソコンメーカーなので、ノートが欲しい人は要チェックです。

パソコン工房


セールを狙うならパソコン工房です。ドスパラやMouseに比べるとコスパやカスタマイズ性は劣るものの、たまに激安パソコンが見つかります。セール対象になっているBTOパソコンは断トツで最安値です。

しかしゲーミングPCを欲しいならパソコン工房よりもドスパラのほうがおすすめです。ドスパラのほうがカスタム画面で選べるパーツの種類が何倍も多いからです。性能にこだわるならドスパラを選んでください。

BTOメーカーには色々な違いがあります

日本国内には10種類くらいのBTOメーカーがあります。どこも指定したパーツを組み立ててBTOパソコンを販売しているのは一緒ですが、価格、サポート体制、保証、配送料、出荷までの時間などあらゆる違いがあります。

できれば安くてサポートがしっかりしていて、保障が手厚くて、出荷も早いところでBTOパソコンを買いたいですよね。その辺りの情報をしっかり比較したので、BTOメーカーごとの違いや、そもそもBTOパソコンとは何なのかを知りたい方は「BTOパソコンの選び方」の記事を読んでみてください。

ピックアップ!

BTOパソコンの評価・評判が気になる!

あなたが選ぼうとしているBTOパソコンのメーカーは世間からどんな評価を受けているでしょうか。もしかしたら故障率が高くて酷い評判ばかりかもしれません。

逆に安くて長持ちして大満足なBTOメーカーかもしれません。そんなBTOメーカーごとの評価・評判をまとめてみました。ドスパラ、Mouse、パソコン工房以外にもサイコムやツクモ、Frontier、STORM等ややマイナーなBTOメーカーまで幅広く情報を集めました。

ピックアップ!

あなたはパソコンをどんな用途で使いますか?

BTOパソコンは1万円のスティックPCもあれば、100万円のクリエイター向けPCまであります。価格も違えば性能やパーツだって違います。

重要なのは「あなたは何をしたくてBTOパソコンを買うのか?」です。ゲームのためならゲーミングPC、写真編集のためならRAW現像用パソコンといったように、用途別におすすめのBTOパソコンをピックアップしてみました。

ピックアップ!