30万円以上のおすすめBTOデスクトップとノートパソコン

単純なゲーミングPCで30万円を越えることはほとんどありません。基本的には「25万円以下のおすすめBTOデスクトップとノートパソコン」でピックアップしているパソコンで大丈夫です。

30万円以上のBTOパソコンでできること

30万円以上のBTOパソコンはもっと重い作業をするためのものです。例えば動画編集、本格的な3Dモデリングです。コア数の多いCPUを搭載していたり、プロ向けグラフィックボードを搭載していたりするBTOパソコンだと30万円以上になります。

補足しておくとゲーミングPCでも30万円以上のものがいくつもあります。ただしそれらはゲームもするし動画編集やエンコードもしたい、というような方向けの製品です。

またパーツのカスタマイズによっては30万円以上になります。例えばCore i7-8700K + メモリ16GB + GTX1080Tiだと25万円程度ですが、SSDの大容量化やNVMeへの変更をすると30万円を超える場合があります。さらにメモリ32GBにすれば確実に越えます。

あとはゲーミングノートPCだとハイスペックモデルは30万円以上です。特にノート用グラフィックボードとしては最高峰のGTX1080を2つ搭載した製品だと30万円を遥かに越えます。

まとめると以下のような用途におすすめです。

  • 最新ゲーム + 録画や配信
  • 最新ゲーム + 様々なパーツを大容量化・高速化
  • エンコードを高速にしたい
  • CADを始めとした本格的な3Dモデリング

30万円以上のおすすめBTOパソコン

30万円以上の予算で購入できるBTOパソコンから、特にコスパが良くておすすめのデスクトップとノートパソコンだけをご紹介します。

G-Tune「MASTERPIECE i1630PA2-SP」


最新ゲーム+配信ならこのゲーミングPCがおすすめです。最強性能のGTX1080TiにCore i7-8700Kですから、すべてのゲームで144fps出せます。さらにメモリ32GBのおかげで最新ゲームをプレイしながら配信しても重くなりません。

そしてストレージにも注目です。512GB NVMe SSDが採用されています。普通のHDDの速度が200MB/s、普通のSSDが500MB/sなのに対し、NVMe SSDは3000MB/s以上です。パソコンの動作すべてが高速になります。あまりにサクサクで感動すること確実です。

ドスパラ「ガレリア VV-X」


エンコードを高速かつ高画質にしたいならCPUを高性能にしましょう。このBTOパソコンにはさらに高性能のCPUが搭載されています。コア数・スレッド数が非常に多いので、ミドルスペックよりも何倍も早くエンコードが完了します。

グラフィックボードも高性能でメモリも大容量ですからとにかく万能です。なんでもできる性能を持っています。しかし30万円を越えてしまいます。予算を多く用意できる人にだけおすすめします。

ドスパラ「raytrek LC-X P4」


CADならQuadro搭載BTOパソコンを選んでください。ほぼすべてのCADソフトはQuadroを推奨しています。というかQuadroでなければ動かないCADソフトもあるくらいです。

Quadro搭載BTOパソコンには色々な種類があるのですが、万能なのはこのデスクトップです。高性能で人気のQuadro P4000を搭載しつつメモリは32GBです。精密な設計をするならメモリ64GBに変更することをおすすめします。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i71130SA1」


最強性能のゲーミングノートPCが欲しいならG-Tune一択です。G-TuneにだけはGTX1080 SLIというモンスターマシンがあります。GTX1080 SLIはデスクトップのGTX1080Tiを遥かに上回る性能です。だからどんなに重いゲームだろうとヌルヌルです。

さらにノートPC最大の弱点であるCPUの性能も克服しています。デスクトップCPUを採用することによりゲームはもちろんすべての動作がサクサクです。ただし最高級ノートPCということもあり、お値段は30万円をあっさり突破しています。