エンコードにおすすめのBTOパソコン

パソコンがほぼエンコード専用機みたいになっている人って実はたくさんいます。最近のエンコード事情は色々変わっていて、昔のようなソフトウェアエンコードよりもハードウェアエンコードのほうが主流になってきています。

今だとインテルCPUのQSVとNVIDIAグラフィックボードのNVENCによるH.265のハードウェアエンコードに人気が集まっているように感じます。どちらも高画質ながら高速ですからね。

QSVにするにしてもNVENCにするにしてもパーツのスペックが低いとエンコードが遅いだけでなく、画質も悪くなってしまいます。ではどんなパーツを選べばいいのでしょうか。

エンコード用パソコンの選び方

QSVならコア数を重視したい

今はQSVが一番人気だと感じています。インテルCPUさえあればいいので使い勝手がいいですよね。今から新しくパソコンを買うなら最新の第七世代がおすすめです。

世代が変わるごとにアーキテクチャが最適化され、旧世代のCPUよりも高画質・高速なエンコードが可能になっているからです。

もう1つ気を付けたいのがコア数・スレッド数です。エンコードはマルチスレッドで処理したほうが圧倒的に高速になるため、コア数が多いCPUを選んでください。

最低もCore i7-7700は欲しいところです。本気でエンコードをやっている人は8コア16スレッドのCore i7-6900Kや10コア20スレッドのCore i7-6950Xを選んでいます。

NVENCならGTX1080

グラフィックボードは高価格になるほど高性能で、ゲームが滑らかになるだけでなくエンコードの処理も高速化されます。しかもNVENCを選ぶということは、ゲームをプレイするのではないでしょうか。

ゲームをしながらNVENCを使うならグラフィックボードのパワーが求めれるので、ハイスペックなGTX1080がおすすめです。さらに上位のTITAN Xを選ぶ人もいますが、コスパを考えるとGTX1080のほうがおすすめです。

メモリは16GB以上

エンコードにはメモリ容量も重要です。メモリ不足になると画質が落ちます。これは本当のことで、私が目折り8GBで試しにエンコードしてみたら、結構なノイズが乗って驚きました。そこでメモリ16GBにしたら一気に綺麗になりました。

だからエンコードをだけする場合でも、ゲームをしながらCPUエンコードするにしてもメモリは16GB以上をおすすめします。16GBはあくまでも下限の容量です。重いゲームをプレイしながらがっつりエンコードしたいなら32GBは欲しいです。

エンコードにおすすめのBTOパソコン

BTOパソコンならCPUを高性能にしたり、グラフィックボードを基準に選ぶことも可能です。その辺にある低スペックなメーカー製PCとは大違いです。だからエンコードのためにパソコンを以下のBTOパソコンをおすすめします。

ドスパラ raytrek-V XG-E

ドスパラの動画編集用パソコンです。4Kにも対応できるハイエンドな性能が魅力です。CPUはCore i7-6950X、グラフィックボードはGTX1080なので、ゲームを最高画質で遊べるのもいいですね。

QSVもNVENCも選べるので、私なら重いゲームをしながらCPUでエンコードします。6コアくらいだと重くなったり画質が落ちたりするので、10コアにするのがおすすめです。

raytrek-V XG-Eの詳細はこちら

ドスパラ raytrek-V LK

「ゲームはしない。エンコードだけでいい。」ならグラフィックボードは不要です。QSVのことだけ考えればいいです。そんな要望にもドスパラならしっかり答えてくれます。

このデスクトップにはグラフィックボードが入っていない代わりに、CPUがそこそこ高性能なCore i7-7700Kが採用されています。4コア8スレッドながら独立させてエンコードするには十分な性能です。なにより激安なのが嬉しいです。

raytrek-V LKの詳細はこちら

ドスパラ raytrek-V XF-E

もうちょっとちょうどいいスペック・価格がいいなら、このデスクトップがおすすめです。ゲームをするにもエンコードをするにもぴったりなスペックです。

グラフィックボードはGTX1070でちょうどいいですし、CPUは6コア12スレッドのCore i7-6800Kです。重いゲームをしながらエンコードは無理ですが、別途エンコードさせるなら最適です。

raytrek-V XF-Eの詳細はこちら