Quadroグラボを搭載したおすすめBTOパソコン

NVIDIAのグラフィックボードにはGeForceとQuadroがあります。いや、本当は他にも種類があるのですが、主流なのはこの2つです。NVIDIAとしてはGeForceは個人向け、Quadroはプロ向けとして販売しています。

でもそれでけだとよくわからないですよね。もしもあなたがQuadro搭載パソコンを欲しいと思っているなら、是非以下の解説をご覧ください。Quadroに適した用途やおすすめBTOパソコンをご紹介します。

Quadroを選ぶ意味とは

QuadroはGeForceとは大きく違います。得意とする分野が違うため、間違って選んでしまうと大変なことになります。だからまずは「GeForceかQuadroのどっちにすべきか、と迷ったときの選び方」の記事を読んでみてください。

簡単にまとめると、GeForceはDirectX、QuadroはOpenGLを得意としています。だから基本的にはGeForceはゲーム用、Quadroはクリエイター用です。また、GeForceは8bitカラー、Quadroは10bitカラー以上という違いもあります。印刷したり正確な色を出したいならQuadroをおすすめします。

Quadroにおすすめの用途

Quadroグラフィックボードを選ぶべきなのは例えば以下の用途です。

  • CAD
  • DTP
  • 一部の3DCG
  • RAW現像
  • プロのイラスト制作

やはり印刷や色が関わってきます。色の表現力がまったく異なりますから、あなたがプロのクリエイターなら絶対にQuadroを選んでください。イラスト制作でも印刷するならQuadroを選んでおいたほうがいいです。

3DCGはちょっと複雑です。ソフトによって推奨されるグラフィックボードが変わってくるからです。例えばプロが使うCADならQuadroが絶対に必要です。しかし一方でMMDならGeForceが推奨されています。ソフトの動作環境を調べた上でどちらにするか決めてください。

おすすめのQuadro搭載BTOパソコン

Quadro搭載BTOパソコンが充実しているのは、ドスパラのraytrekシリーズとmouseのDAIVシリーズです。この2ブランドから選ぶのがおすすめです。

ドスパラ「raytrek LC-M」

あなたがRAW現像やDTP、イラストのような2Dを扱うならQuadro P620が最適です。ドスパラにはQuadro P620を搭載した格安デスクトップがあります。しかも売れ筋ランキング2位という人気っぷりです。

CPUやグラボはいいのですけど、メモリは8GBしかありません。大きなファイルを扱うとメモリ8GBでは動作が遅くなります。最低でも16GB、プロなら32GB以上にしてから購入するのがおすすめです。

ドスパラ「raytrek LZ P2」

3DCGならもっと高性能なQuadroにしてください。最低でもQuadro P2000です。ドスパラにはCAD用BTOパソコンとして、Quadro P2000を搭載したハイスペックモデルがあります。

初めて3DCGを扱うのにちょうどいい性能です。価格も20万円くらいなので比較的書いやすいです。あらゆる用途に使える万能タイプなので一番おすすめです。

mouse「DAIV-DQZ520U3-SH5」

あなたがプロならハイエンドPCをおすすめします。CPUもメモリもグラボにもこだわるべきです。DAIVシリーズにはQuadro P5000を搭載した超高性能モデルがあります。

3DCGにも映像制作にも使える、まさにプロ用のBTOパソコンです。実際、プロはこれくらいのスペックのパソコンを使っています。動作の快適さは成果物のクオリティの高さに直結するものです。