BTOパソコンを分割払いで買う方法(金利・手数料を比較)

BTOパソコンの支払い方法はクレジットカード決済や銀行振込など色々ありますが、基本的にはどれも一括払いです。でも10万円や20万円を用意するのってかなり大変ですよね。

今すぐパソコンが必要なのにお金が用意できなかったら、パソコンを入手することは不可能なのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。実は1つだけ抜け道があります。その方法が分割払いです。

分割払いとは

多くの人は知っていると思いますが、念のため解説します。買い物は普通、その代金を1回で支払います。コンビニでもデパートでもAmazonでもそうですよね。

しかし分割払いの制度を利用すると毎月一定金額を支払い続けることで買い物ができます。しかも払い終わってから物が届くなんてことはありません。普通の買い物のように最初の金額を支払った段階で商品が届くので、現在お金が足りなくてもパソコンを購入し使用することが可能なのです。

分割払いのメリット・デメリット

上記の通り、高額な金額を用意できなかったとしても今すぐ商品を入手できるのが分割払い最大のメリットです。例えば10万円のパソコンを10回払いで購入するなら、毎月1万円 + 手数料を支払えばいいのです。かなり現実的でお得ですよね。

一方でデメリットもあります。まず金利です。テレビ通販のジャパネットで「分割払い手数料はジャパネットが負担!」なんて言ってますが、分割払いには手数料という名の金利が発生します。

どの分割払いの制度を利用するかによって金利が変わります。一括払いよりも総額が高くなってしまうのは確実です。リボ払いも分割払いの一種ですが、リボ払いはやめておいたほうがいいです。金利が馬鹿みたいに高いので、下手すると2倍の金額になったりします。

BTOパソコンで利用できる分割払いの種類

あなたがクレジットカードを持っているなら、クレジットカードの分割払いを選ぶのがおすすめです。新たな審査が入ることがありませんし、リボ払いに比べて遥かに金利が低いので、気軽にBTOパソコンを分割払いで購入できます。

クレジットカードを持っていないなら、BTOパソコンメーカーが提携している企業の制度を利用しましょう。BTOパソコンメーカーによって異なるので詳しく解説しますね。

 

BTOメーカー 分割払いのサービス 10回払いでの手数料(金利)
ドスパラ JACCS 7%
Mouse JACCS 不明
パソコン工房 JACCS 6.28%
ツクモ JACCS 9.70%
サイコム クロネコe-クレジット 5%

ほとんどのBTOメーカーはジャックスです。サイコムだけはクロネコe-クレジットです。会社は違っても審査の内容は条件は大体一緒なので気にする必要はありません。

見るべきポイントはやはり金利でしょう。上の表では10回払いでの金利を記載してみました。もちろん2回払いや36回払いなどもあります。一番金利が安いのがサイコムです。ツクモは金利が高いですね。Mouseはおそらくパソコン工房と一緒です。

どこのBTOパソコンも分割払いで買える!

つまりどのBTOメーカーだろうと好きなパソコンを分割払いで購入できます。「お金がないけど今すぐ必要!」という人は是非利用すべきでしょう。今必要なのにお金を貯めるのに半年も待ってられないですからね。

なお、分割払いを利用するためには3万円以上のお買い物、1回の支払いは3000円以上等の条件が存在するので詳しくは各BTOメーカーのサイトを確認してください。