DELL(デル)の評価・評判を徹底調査 2017年版

いきなりですがDELLはBTOメーカーではありません。パソコンを製造・販売する企業にはPCメーカー、BTOメーカーの2種類ありますが、DELLは前者のPCメーカーに属しています。

SONYやNECとかと同じですが、SONYやNECが国内PCメーカーなのに対しDELLは海外PCメーカーです。それぞれどのような違いがあり、DELLはどのような評判なのか2017年最新版の情報をお届けします。

>> DELLのパソコン一覧はこちら

DELL(デル)の評価

DELLは安くない

まず最も大きな評価要素の価格についてです。日本のPCメーカー、BTOメーカーは非常に安いです。特にBTOメーカーのパソコンは価格競争が激しいのか、世界的に見ても異常なほど安いです。

一方海外PCメーカーの製品は日本に比べて高額です。DELLも例外ではありません。DELLで人気のPCブランドといえばゲーミングPCのALIENWAREですが、ドスパラのGALLERIAやMosueのG-Tuneより随分と高額です。

だから安いパソコンが欲しいなら素直に日本のBTOパソコンを選ぶのがおすすめです。DELLという大手の安心感のためにちょっと上乗せしてもいいという人にはDELLはぴったりでしょう。海外最大手といっても良い規模ですから。

カスタマイズ性は低い

もう1つ弱点があります。私はパソコンを購入するとき自分好みにカスタマイズできることを重視しています。メモリやSSDの容量を増やしたり、デスクトップのケースファンを追加したりと初期構成よりも高性能なパソコンに仕上げたいのです。

カスタマイズ性に関してはやはりBTOパソコンが最強です。日本ではサイコムツクモドスパラはカスタマイズのパーツを取り揃えていて優秀です。

DELLはカスタマイズはあまりできません。しかもカスタマイズしてしまうと納期が遅くなってしまうことも多いです。あとカスタマイズのパーツの価格が高いのも気になります。だから私はDELLのカスタマイズ性を低く評価しています。

デザイン性は抜群

DELLがもっとも高く評価されている点はデザインです。特にDELLのゲーミングPC「ALIENWARE」は外観がとても格好良くて人気があります。

ケースやキーボードを好きな色で光らせることができるため、学生からの評判は非常に高いです。一般的に海外PCメーカーはパソコンのデザインにこだわる傾向があり、DELLはまさにその最先端を行く存在です。

サポートの満足度が高い

DELLはサポートが充実しています。日本のBTOメーカーの多くは工場で修理します。だからパソコンが壊れたら発送しなければなりません。

しかしDELLには「訪問修理サービス」のサポートを選択できます。もちろん通常の無償サポートよりもお金がかかってしまうのですが、それでもBTOメーカーに比べると安いですし、5年もの長期保証にも対応しています。(普通は最大3年)

訪問修理サービスなら自分でパソコンを送る必要がありません。専門スタッフが自宅まで来てくれて、その場で修理してくれます。手間がかからないですし、無駄もないのでDELLのパソコンを買うなら、長期保証の訪問修理サービスを選択するのがおすすめです。こういうところがDELLの評価をお仕上げています。

>> DELLのパソコン一覧はこちら

DELL(デル)の評判

ではDELLにはどんな良い評判と悪い評判があるのでしょうか。Twitterで調べてみました。

>> DELLのパソコン一覧はこちら