20万円以下のおすすめBTOデスクトップとノートパソコン

15~20万円のBTOパソコンは「ハイスペック」と呼ばれるくらい高性能です。CPUは確実にCore i7ですし、メモリは16GB搭載可能です。また高性能なグラフィックボードを搭載でき、快適にプレイできるゲームの種類が一気に増えます。

でもすべてを高性能にすると20万円を越えてしまうため、どれかしらのパーツを妥協する必要があります。とはいえやりたいことはほとんどできるようになるので、多くの人におすすめできる価格帯です。

20万円以下のBTOパソコンでできること

20万円以下だとパーツ選びがちょっと難しいです。グラフィックボードに特化させるとメモリとCPUのバランスが悪くなります。だからグラフィックボードはそこそこの性能で、CPUとメモリを高性能にしたほうが汎用性が向上します。

そのようにして組んだ20万円以下のパソコンでは以下の様なことができます。

  • 最新オンラインゲームで100fps出せる
  • 動画編集、3DCG制作などクリエイター的なことはすべて可能
  • 仮想通貨マイニング

メモリを16GBにすれば最新オンラインゲームはすべてプレイ可能です。画質さえ落とせば100fps出すことも容易です。グラフィックボードに予算をつぎ込むとメモリ8GBが限界になり、最新ゲームの推奨スペックに足りなくなってしまうので注意しましょう。

クリエイター的なことはもう全部できます。ただしエンコードを超高速にするには予算不足です。また最新ゲームで144fps以上出すためにはGTX1080Tiが必要になり、どうしても25万円のBTOパソコンが求められます。

20万円以下のおすすめBTOパソコン

15~20万円の予算で購入できるBTOパソコンから、特にコスパがよくておすすめのデスクトップをノートパソコンだけをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア XA7C-R37」


ドスパラで一番売れている大人気ゲーミングPCです。20万円以下のデスクトップならこれ一択でしょう。まず何よりもCPUが高性能です。旧世代CPUに比べるとコア数とスレッド数が増えているので、ゲームだけでなく動画編集でも大活躍してくれます。

グラフィックボードは一番人気のRTX3070です。現在どのBTOメーカーでもRTX3070搭載BTOパソコンが売れています。もしもストレージが512GBだけだったら、合計2TB以上に増やしてから購入しましょう。それで20万円ぴったりです。

G-Tune「XM-B」


G-Tuneにも似たようなパーツ構成のRTX3070搭載BTOパソコンがあります。メモリ16GB、ストレージは512GB NVMe SSD + 2TB HDDと非常にバランスの良い構成です。このまま買っても特に不満はないでしょう。

そして水冷CPUクーラーが採用されていることからもわかるように、熱対策までばっちりです。高性能なパソコンは熱を持ってしまうものです。だから動作を安定させたいならこういうBTOパソコンをおすすめします。

G-Tune「G-Tune E5-144」


20万円以下のノートパソコンならRTX2060搭載モデルがおすすめです。RTX2070だと20万円を越えていまいます。だからRTX2060を軸にして、メモリとストレージをしっかり強化してあげるのがベストな選択です。

しかもこのゲーミングノートPCは144Hz液晶を採用していて、さらに非常に軽量なので持ち運びやすさも優れています。本当におすすめですよ。