無線LAN対応のBTOパソコン

パソコンを無線LAN接続するためには、無線LANルーターと無線LAN子機が必要です。無線LANルーターがデータを送信し、無線LAN子機が受信します。

つまり無線LAN子機がない場合は、有線LANケーブルで接続するしかありません。でも場所を選ばずインターネットをしたかったり、パソコンがLANケーブルの届かない場所にあったりするなら、無線LANにしたいですよね。

ではあなたがこれから購入しようとするBTOパソコンは無線LANに対応しているのでしょうか。実は対応しているものとしていないものがあります。

BTOノートパソコンは無線LAN対応

まずあなたがBTOノートパソコンを買おうしているなら大丈夫です。すべてのBTOノートパソコンには無線LAN子機が内蔵されているため、購入後にLANの設定をすればすぐに無線LAN接続できます。

ほとんどのBTOノートパソコンにはLANポートもあるので、LANケーブルでの接続にも対応しています。

BTOデスクトップパソコンはカスタマイズが必要

ではBTOデスクトップパソコンはどうでしょうか。ほぼ100%、無線LANに対応していません。そのままでは絶対に無線LAN接続することはできません。

しかしながら購入前のカスタマイズによって無線LAN接続できるBTOデスクトップパソコンもあります。かなり限られているので以下の項目があるか確認してください。

拡張カードで無線LAN対応

BTOデスクトップパソコンのカスタマイズ画面に進んでください。そこで「無線LAN」あるいは「拡張カード」という項目を探してください。

もしも拡張カードに無線LANの機能を追加できる項目があったら必ず選んで下さい。拡張カードとはパソコンの内部に挿すパーツを意味しています。これさえ追加すればノートパソコンと同じように無線LAN接続できます。

例えばG-TuneのNEXTGEARシリーズは「[ 無線LAN ] ASUS PCE-AC68 ( 最大600/1,300Mbps / 802.11ac/a/b/g/n 規格対応 ) ⇒ 高速データ通信!」を選択可能です。

無線LAN子機で対応

内蔵ではなく外付けのタイプもあります。それがUSB接続の無線LAN子機です。BTOデスクトップパソコンの中ではなく
外側に装着するデバイスなので、電波の受信をしやすいメリットがあります。こちらのほうが速度が安定する傾向があります。

こちらも同じようにG-Tuneのデスクトップで選択可能です。「[ USB2.0 無線LANアダプタ ] 弊社指定ブランド商品 ( 802.11b/g/n 規格対応 ) + Bluetooth(R) V4.0」を選んで、届いたデスクトップにUSB接続するだけです。拡張カードタイプよりもかなり安いのも嬉しいですね。

このようにBTOデスクトップパソコンはそのまま購入してしまうと無線LANは使えません。しかしカスタマイズ画面で適切な選択をすれば、BTOノートパソコンと同じように無線LAN接続が可能になります。