25万円以下のおすすめBTOデスクトップとノートパソコン

20~25万円の予算があるなら最高峰のゲーミングPCを購入できます。とりあえず今ならすべてのゲームを快適に動かせるため、勝利にこだわるFPSゲーマーや長く使いたいPCゲーマーから人気があります。

25万円を越えると一気にBTOパソコンは減ります。グラフィックボードは単体だと頭打ち、CPUは高性能になればなるほど10万円単位で高額になっていくため、普通の使い方なら25万円の予算で十分です。

25万円以下のBTOパソコンでできること

25万円でもすべてのパーツをハイエンドにすることはできません。特にCPUを8コア以上にしようと思うと30万円を遥かに越えてしまいます。だから用途を明確にした上で、どのパーツを強化するかをしっかり決めましょう。

  • すべてのオンラインゲームがヌルヌルになる(重いゲームでも144fps出せる)
  • メモリを優先すれば動画編集やイラスト制作がサクサクになる
  • 最新ゲームをしながら配信ができる

ゲーミングPCを購入するならまずはグラフィックボードを固定しましょう。最強グラボのGTX1080Tiがおすすめです。TITAN系統はゲーム用途としてはコスパが悪いのでGTXシリーズを選ぶのが正解です。

グラフィック性能がそこまで必要でないのであれば、グラフィックボードを妥協しつつメモリ容量をアップしましょう。最低でも16GBが搭載でき、最新ゲームの配信や動画編集をしたいなら32GBまで増やすのがおすすめです。

CPUはCore i7-8700かCore i7-8700Kのどちらかです。長く使うことを考えるとCore i7-8700Kのほうがいいですね。でも最大動作周波数に違いがほとんどないのでCore i7-8700でも困りません。

25万円以下のおすすめBTOパソコン

20~25万円の予算で購入できるBTOパソコンから、特にコスパがよくておすすめのデスクトップをノートパソコンだけをご紹介します。

ドスパラ「ガレリア ZZ」


25万円の予算ならもうこれを買っとけばいいです。ハイエンドなのに異常な人気があるデスクトップです。特にPUBGのように激重なゲームをプレイしたい人が購入する傾向があるみたいです。

CPU、メモリ、グラフィックボード、ストレージのバランスがとにかく完璧で、カスタマイズの必要がないためカスタマイズがよくわからないパソコン初心者にもおすすめです。

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO im600GA1-SP」


グラフィックボードの性能があまり必要でないならGTX1070Ti搭載デスクトップがおすすめです。クリエイター用途ならグラフィック性能はそこそこで、CPU性能を重視しつつメモリ容量をたっぷりにしましょう。

だからこのデスクトップをベースにして、メモリを32GB、ストレージを480GB SSD + 2TB HDDにするとどんな作業もサクサクになります。エンコードも爆速ですよ。

G-Tune「NEXTGEAR-NOTE i5730SA1」


25万円以下で唯一GTX1070搭載ノートPCが買えるのはG-Tuneです。G-TuneはどのノートPCも安くていいですね。ただメモリとストレージはうまく調整しないと25万円を越えてしまいます。

メモリは16GBが限界、ストレージは256GB SSD + 1TB HDDにしましょう。メモリ32GBにすると消費税込みで28万円くらいになります。となるとシルバーモデルを選ぶのがおすすめです。