パーツ選びに要注意!CADにおすすめのBTOパソコン

建築、車、機械設計とあらゆる業務で使われているCAD。CADのソフトウェアをどれだけスムーズに動かせるかによって作業効率は何倍も変わってきます。

だからこそCADがサクサク動くパソコンを使うことってとても大切です。カクカクした状態でなんて設計したくないですよね。でもCADは他の用途とは違ってパーツ選びに注意しなければなりません。

OpenGLにはQuadroがおすすめ

まずグラフィックボードは欠かせないパーツです。グラフィックボードがなければCADソフトなんて動いてくれません。そしてグラフィックボードでもGeForceではなくQuadroを使うことが大切です。

一般的にGeForceはゲーム用、Quadroはクリエイター用と言われていますが、それは正確ではありません。GeForceはDirectX用、QuadroはOpenGL用と言ったほうが正しいです。

オンラインゲームは大抵DirectXのAPIを活用しているため、GeForceグラフィックボードが有効です。しかしCADはOpenGLのAPIを使っているので、Quadroグラフィックボードが必要になってくるわけです。両者の性能はそれぞれ5倍も変わってくるので、同価格のパソコンを買ったとしても快適性が5倍も違ってきてしまいます。

だからCAD用パソコンを買うならQuadroグラフィックボードを搭載したデスクトップやノートパソコンを選んでください。家電量販店で売っているパソコンにはQuadro搭載モデルなんて絶対にないので、BTOのCAD用パソコンをおすすめします。

おすすめのCAD用BTOパソコン

BTOパソコンなら「CAD用パソコン」のカテゴリが用意されていて、いくつもの種類から選べます。性能や予算から選ぶのがいいでしょう。でもたくさんあって迷っちゃいますよね。そこで特におすすめのCAD用パソコンを3つ選んでみました。

ドスパラ raytrek LC M2

ドスパラはCAD用パソコンが豊富に揃っています。安いものもありますが、やはり快適性を第一に考えるなら、Core i7のCPUにメモリ16GB以上にしたいです。

そこでおすすめしたいのがこのデスクトップです。最新パーツが詰まっていて、グラフィックボードは人気のQuadro M2000が採用されています。そこまで複雑な設計以外ならこのスペックで快適にCADを扱えます。

ドスパラ raytrek SLIM M4

あなたがプロならもっとハイスペックなデスクトップを使うべきです。複雑になればなるほど重くなりますからね。特にメモリを消費しやすいのでメモリ32GBが欲しいですね。グラフィックボードももう1つ上位にしたいです。

そんな要望にぴったりなのがこのスリム型デスクトップです。メモリ32GBに高性能なQuadro M4000と完璧です。そして縦置きと横置きを選べるスリム型パソコンのおかげで、好きな場所に置けて邪魔にならないのが素晴らしいです。

Mouse DAIV-NQ5300M3-SH5

ノートPCでCADを操作するならMouseのDAIVシリーズがおすすめです。MouseにはQuadro搭載のノートがたくさんあり、コスパがとてもいいのです。

このノートPCにはQuadro M1000が搭載されているだけでなく、Core i7 CPUにメモリ32GBとハイスペック仕様です。だからこのままノートで設計してもいいですし、外部液晶モニターに出力しながらでもサクサク動きますよ。