シヴィライゼーション6におすすめのBTOパソコン

シヴィライゼーション6、通称Civ6は歴史シミュレーションの名シリーズとしておなじみのシヴィライゼーションの第6作目で、一度ハマるととんでもない時間泥棒になることで有名です。細部まで細かく作り込まれた高いクオリティのこのゲーム、どうせプレイするならより高設定でプレイしたいものです。快適にプレイするにはどんなパソコンの構成が良いかをチェックしていきましょう。

シヴィライゼーション6(civ6)の推奨スペック

シヴィライゼーションシリーズを通して言えることですが、ユニット数など描画オブジェクトが増えてくると、どんどん処理が重たくなってきます。負荷の軽いシミュレーションゲームと思って設定を上げてしまうと、意外とカクカクで動かないということもよくあります。とはいえ推奨動作スペックはそれほど高くはありませんので、しっかりスペックを満たしていれば大丈夫です。

  • OS : Windows 7/8.1/10 64bit
  • CPU : 第4世代 Intel Core i5 2.5GHz以上/AMD FX8350 4.0GHz以上
  • メモリ : 8GB以上
  • Direct X : DX 11以上
  • HDD/SSD : 12GB以上
  • グラフィックカード : VRAM2GB以上、GeForce GTX770以上/AMD7970以上

3D処理が重たいゲームではないため、グラフィックカードの要求ラインが高くないのが特徴です。VRAMは2GB以上を推奨されているため、必ず満たすようにしたいところです。

シヴィライゼーション6用パソコンのパーツの選び方

シヴィライゼーション6を快適にプレイするポイントとしては、まずはグラフィックカード、そしてSSD、最後にメモリです。この3つを推奨以上にしておくことでウルトラ設定でも快適にプレイ可能です。

OS

シヴィライゼーション6では64bit OSのみで動作可能です。32bitのOSでは動作しませんので注意してください。最近は32bit OSで動作しないゲームが増えてきました。これから購入するのであればWindows 10 64bitをオススメします。

CPU

CPUは第4世代以降のi5プロセッサー以上が推奨になっています。4コア以上で2.5GHz以上のクロック数があれば問題ありません。最新のCoffee Lake世代のプロセッサーであれば、i3でも十分快適にプレイできます。

メモリ

メモリは8GB以上を推奨しています。8GBで快適にプレイできますが、バックグラウンドでアプリケーションを複数起動するのであれば、多いにこしたことはありません。

HDD/SDD

12GBの容量を推奨しています。インストール容量も多くありませんし、追加のアップデートがあったとしてもそれほど多くはならないと思います。ネットワーク対戦でのプリロードの際にかなりのディスクアクセスが発生します。ローディング時間にも影響するため、HDDよりSSDのほうが良いでしょう。

グラフィックボード

推奨ではGTX 1060以上となっています。ビデオメモリを消費するので3GBよりも6GBモデルをオススメします。処理能力的にはGTX 1060で十分に快適にプレイができますが、広いマップやゲーム終盤になってくると重くなることもあります。しかし通常のプレイでGTX 1060 6GBでプレイに不都合が出ることはないでしょう。
 

シヴィライゼーション6(civ6)におすすめのBTOパソコン

シヴィライゼーション6専用の推奨パソコンはドスパラからAMD Radeonモデルが出ていましたが、現在は品切れとなっているため推奨パソコンはありません。BTOパソコンで購入するなら推奨スペックを満たしているゲーミング仕様の汎用モデルを購入すると良いでしょう。

ドスパラ ガレリア ZT

Core i7-8700K + メモリ16GB + GTX1060 6GBのBTOパソコンです。ドスパラで人気ランキング2位のゲーミングPCになっているところを見ると、相当コスパがいいですね。civ6が十分快適に動く性能なので、基本的にはこれがおすすめです。

ドスパラ ガレリア DT

もっと安いBTOパソコンを選びたい場合はCPUを妥協しましょう。メモリやグラフィックボードを妥協するのは駄目です。Core i7からCore i5にランクダウンさせるだけでとても安くなります。Core i5 + GTX1060 6GBの組み合わせはG-Tuneにはないのでドスパラから選ぶのがおすすめです。