CoD:WW2におすすめのBTOパソコン

コールオブデューティシリーズの最新作ワールドウォーIIが2017年11月に発売になりました。CoD:WW2はその名の通り第二次世界大戦が舞台で、二次大戦が舞台となったのは約9年ぶりです。快適プレイの基準は人それぞれあるかと思いますが、ここではフルHD解像度で60FPS目指して構成をチェックしていきたいと思います。

CoD:WW2の必要スペック

最小必要スペック

  • OS : Windows 7 64bit
  • CPU(Intel) : Intel Core i3-3225 3.3GHz
  • CPU(AMD) : Ryzen R5 1400
  • メモリ : 8GB
  • Direct X : DX 11
  • HDD/SSD : 90GB
  • グラフィックカード(NVIDIA) : GeForce GTX 660
  • グラフィックカード(AMD) : Radeon HD 7850
  • VRAM : 2GB

推奨スペック

  • OS : Windows 10 64bit
  • CPU(Intel) : Intel Core i5-2400 3.1GHz
  • CPU(AMD) : Ryzen R5 1600X
  • メモリ : 12GB
  • Direct X : DX 11
  • HDD/SSD : 90GB
  • グラフィックカード(NVIDIA) : GeForce GTX 1060 6GB
  • グラフィックカード(AMD) : Radeon RX 580 8GB
  • VRAM : 6GB

最新の超大型FPSタイトルというだけあって要求スペックはかなり高いです。ゲーム内のグラフィックオプションでいくつもの項目を設定できるので、うまく調節すればFPSを出すことは可能です。

もしGTX 1060を選ぶ場合はVRAMが3GBのモデルではなく6GBのモデルをオススメします。このゲームは非常にたくさんのVRAMを必要としますので、3GBではVRAMが足を引っ張ってしまいGTX 1060のパフォーマンスを発揮しきれないかもしれません。

パフォーマンスに大きく影響する画質設定

CoD:WW2ではグラフィック設定が細かくできます。たくさん設定があってよくわからない人も多いでしょう。あらかじめ用意されているプリセットで問題なく快適プレイができるのであれば、プリセットのまま変更しなくてもよいと思います。プリセットで負荷の少ないところでは快適でも、負荷の大きいシーンではガクッとフレームレートが落ちることがあります。そういった場合はこれらの設定を少し変えてみると改善されるかもしれません。変更しすぎて元の設定が分からなくなったら、またプリセットから選択すれば戻りますのでご安心を。

  • アンチエイリアス
  • Pre T2X解像度
  • シャドウ
  • SSAO
  • スクリーンスペース反射
  • レンダリング解像度

CPUやグラフィックカードに大きな負荷を与えるのはこのあたりです。上から順番に高負荷になっていますので、上から設定を調節してみると良いでしょう。アンチエイリアス、PreT2X解像度、シャドウあたりはオフでかなり変わると思います。

CoD:WW2用パソコンのパーツの選び方

CoD:WW2を快適にプレイするには、推奨スペックのパソコンを用意すれば60FPS安定が十分可能です。

CPUは最新アーキテクチャである必要はありません。4コア4スレッド以上で3GHz以上のクロック数があれば問題ないでしょう。このゲームはメモリを大量に使用しますので、メインメモリは可能であれば16GB、VRAMは6GB以上のグラフィックカードを用意しましょう。

またグラボのドライバで、CoD:WW2向けの調整がされています。ドライバをアップデートするだけでパフォーマンスが上がることもありますので、可能な限りドライバは最新のものにアップデートしておきましょう。

必要なハードディスク容量は、ベータのときは25GBだったのですが正式版では90GBととても大きくなっています。120GBのSSDでは容量的にもかなり切迫しますが、ローディング時間が長くなってしまいますので、できればSSDにインストールすることが望ましいです。

CoD:WW2におすすめのBTOパソコン

推奨スペックやベンチマークのデータを参考にして、CoD:WW2におすすめのゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ ガレリア DT

CoD:WW2推奨スペックにもっとも近いBTOパソコンがドスパラにあります。Core i5-8500、GTX1060 6GBなのでほとんどのシーンで60fps出せます。しかしメモリは8GBしかないので、16GBにカスタマイズしてから購入しましょう。

G-Tune NEXTGEAR i680GA1-SP

CoDシリーズはマルチプレイよりもシングルキャンペーンのほうが重い傾向があります。とはいえ高いfpsをしっかり出したいのはマルチプレイでしょう。マルチプレイなら144fps以上出したいですよね。それならGTX1070Tiを搭載しつつ、CPUやメモリもしっかりしたスペックのデスクトップがおすすめです。G-Tuneにはプロゲーミングチーム推奨のBTOパソコンがあります。

ドスパラ ガレリア ZZ

FPSゲーマーは1つだけのタイトルをずっとプレイする人が少ないです。新しいFPSが出たらとりあえずやってみたり、人気のタイトルをがっつりやってみたりするものです。例えばPUBGがそうですよね。だから重いFPSに備えて超ハイスペックなBTOパソコンを選んでおいたほうが後々まで快適です。ハイエンドなGTX1080TiでおすすめなBTOパソコンがこれです。