オーバーウォッチにおすすめのBTOパソコン

オーバーウォッチは海外のブリザードエンターテイメントから2016年に発売されたFPSゲームです。日本ではPS4版も出ていて多くのプレイヤーがいます。e-Sportの大会種目としても選ばれており、世界中のプロゲーマーもプレイしている今アツイFPSタイトルの一つです。

オーバーウォッチはFPSゲームでも非常に動きの早い部類に入るタイトルですが、必要スペックはかなり抑えられています。ミドルスペックでも十分にプレイ可能ですので、高価なゲーミングパソコンを用意しなくても快適にプレイが可能になっています。それではオーバーウォッチをフルHDで快適にプレイできるパソコンをチェックしていきましょう。

オーバーウォッチの推奨スペック

まずオーバーウォッチの推奨スペックは下記の通りです。

  • OS : Windows Vista / 7 / 8 / 10 いずれも64bit
  • CPU : Intel Core i5 / AMD Phenom II X3
  • メモリ : 6GB
  • HDD/SSD : 5GB
  • グラフィックカード : Nvidia GeForce GTX 660 / ATI Radeon HD 7950

CPUはミドルクラスが推奨ラインです。コア数によるものでしょうか、4コア以上であれば問題なさそうです。グラフィックカードはGTX660ということでGTX760, GTX960, GTX1050あたりが推奨ラインになります。どれもローエンドからミドル帯のグラフィックカードです。設定を高くしなければこれでも十分に快適にプレイすることができます。

オーバーウォッチのグラフィック設定は最高でエピックとなっていますが、ここではウルトラで快適にプレイできる、つまり60fps以上をキープできるスペックを見ていきましょう。

オーバーウォッチ ウルトラ設定のパーツの選び方

それではウルトラ設定で快適にプレイするための構成を見ていきましょう。

  • CPU : Intel Core i3 7100
  • メモリ : DDR4 4GB
  • HDD : 1TB 7200rpm
  • グラフィックカード : GeForce GTX 1050 / Radeon RX560

このスペックでもウルトラ設定であれば60から90fpsで推移します。

  • CPU : Intel Core i3 7100
  • メモリ : DDR4 8GB
  • SSD : 120GB
  • グラフィックカード : GeForce GTX 1050 Ti / Radeon RX570

グラフィックカードをGTX 1050 Tiへ上げると90fps以上をキープできるほどになります。倍速液晶などを使用しないのであればこれでも十分なスペックといえるでしょう。

  • CPU : Intel Core i5 7600K
  • メモリ : DDR4 8GB
  • SSD : 240G
  • グラフィックカード : GeForce GTX 1060 3GB / Radeon RX580

120/144fps液晶ディスプレイを使用するのであればこのあたりのスペックが最低でも必要です。120fpsを割り込むのであれば少し設定の調整が必要かもしれません。

要求スペックは軽め、144fpsもリーズナブルに狙える

今時のFPSにしてはオーバーウォッチはかなり要求スペックは低いです。しかしグラフィックが劣っているなんてことはまったく感じさせません。もし120Hz/144Hz液晶ディスプレイを使っているのであればぜひ144fpsキープを狙ってみてください。視点操作やキャラクターの動きの早いゲームですので、高フレームレートの恩恵を存分に味わうことができるはずです。

オーバーウォッチは比較的リーズナブルな構成のパソコンでも十分に快適にプレイできます。こういった新規プレイヤーにとっての敷居の低さもこれだけプレイ人口が増えた要因かもしれませんね。

オーバーウォッチにおすすめのBTOパソコン

オーバーウォッチ推奨ゲーミングPCは日本国内にありません。でもBTOパソコンなら自由にパーツを選べるので、オーバーウォッチをウルトラ設定にしても60fpsあるいは144fps出せるゲーミングPCを購入できます。パーツの選び方を踏まえたうえでおすすめのモデルをご紹介します。

ドスパラ ガレリア XV

GTX1060では144fpsを安定させることはできません。そこで候補に上がるのがGTX1070Tiです。GTX1060より35%以上高性能なため、オーバーウォッチでらくらく144fpsを維持できます。メモリは8GBでも大丈夫ですが、他のFPSもするなら16GBにしておくことをおすすめします。

ドスパラ ガレリア ZZ

オーバーウォッチだけプレイしている人ってそこまで多くありません。BFシリーズやCoDシリーズの最新作をプレイしたり、大人気のPUBGも並行して遊ぶのが一般的です。それに今後さらに重いFPSが出てくることは確実です。それならハイエンドなRTX2080Tiを選びましょう。RTX2080Ti搭載BTOパソコンで一番おすすめなのがこのデスクトップです。

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C

一方で「オーバーウォッチしかプレイしない!」「60fps出れば十分!」という方もいるでしょう。それなら高いゲーミングPCは必要ないですよね。Core i5 + GTX1060 + メモリ8GBがおすすめです。このパーツ構成で安いBTOパソコンがG-Tuneにあります。