PSO2におすすめのBTOパソコン

ファンタシースターオンライン2は2012年からセガが開発・運営しているオンラインゲームです。独特のSFの世界観が特徴で国内ではファイナルファンタジー14に次ぐ規模のユーザー数を抱えています。そんなファンタシースターオンライン2を快適にプレイするために、どれくらいのスペックのパソコンを用意すればよいのかチェックしていきましょう。

PSO2の推奨スペック

PSO2の公式サイト発表の必要動作スペックは下記の通りです。

  • OS : Windows 7/8.1/10 32/64bit
  • CPU : Intel Core 2 Duo E6300以上
  • メモリ : 2GB以上
  • グラフィックカード : GeForce 7800GT/RADEON HD2900XT 以上
  • HDD/SSD : 60GB以上

これは公式ウェブサイトで公開されている解像度1280×720での必要動作環境です。現在販売されているノートパソコンでも十分に動作させることができますが、これでは快適プレイとはとても言えません。せっかくですから新たにフルHDで設定も最高設定で快適にプレイができるパソコンのスペックを考察したいと思います。

PSO2用パソコンのパーツの選び方

解像度1920×1080のフルHD、グラフィック設定でテクスチャ解像度もシェーダー品質も高にした状態での快適なプレイを目指します。

OS

OSはWindows7以上であれば問題ありません。新しく購入するのであれば現在最新のWindows 10の64ビットを選択しましょう。32ビットのOSを選んでしまうと、メモリが4GBまでしか認識できませんので特別な理由がない限り64ビットを選択することをオススメします。

CPU

CPUはCore 2 Duo E6300が動作スペックとなっていますが、PSO2においてCPUのスペックが不足するということは、ほとんどありません。インテルならCoreシリーズ、AMDであればRyzenシリーズを搭載していれば問題ないでしょう。

メモリ

メモリはPSO2だけを動かすのであれば4GBで十分です。しかしブラウザで攻略情報をチェックしたり、緊急クエスト待ちの間に動画を見たりするのであれば、メモリは8GBあったほうが良いでしょう。

HDD/SDD

データのロードが発生するPSO2ではSSDの恩恵が大きくあります。タイムアタックのロードであったり、ファイルチェックの時間も大体半分以下に短縮されるため、HDDよりもSSDにPSO2をインストールすることをオススメします。

グラフィックカード

実はPSO2を動かすにあたって、グラフィックカードは現行のグラフィックカードであればまったく問題なく快適に動かすことができます。Geforce GT1050やRadeon RX 550でも設定5までなら大丈夫です。最高画質の設定6で120fps以上出そうと思ったらGTX1060以上がおすすめです。

おすすめのPSO2推奨BTOパソコン

PSO2の推奨パソコンを販売しているBTOメーカーはたくさんあります。しかしどこのメーカーも少々オーバースペックすぎる製品を推奨パソコンとして販売しています。もしPSO2をやるために購入するのであれば、推奨パソコンを購入する必要はありません。上記のスペックを満たしていれば十分ですので、推奨パソコンよりもグッと安くで快適にプレイできるパソコンを用意できるでしょう。

ドスパラ ガレリア PSO2 ZZ

Core i7-8700KにDDR4 16GB、Geforce GTX1080Ti、SSDが500GB搭載されたドスパラの推奨パソコンです。PSO2推奨BTOパソコンのなかでは一番ハイスペックです。超高画質に設定してもサクサク動きます。

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im610SA1-PSO2

Core i5-8700にDDR4 8GB、Geforce GTX 1060の3GB、1TB HDD搭載されたマウスコンピューターの推奨パソコンです。せめてSSDは追加してから買うべきです。

パソコン工房 LEVEL-R0X3-R7-RNR-PSO2

Ryzen 7 1700にDDR4 8GB、Geforce GTX 1060の6GB、SSDが240GB搭載されたパソコン工房の推奨パソコンです。

推奨パソコンの中でもオススメをいくつかピックアップしてみました。いずれも税込み10万円から15万円ぐらいの価格になっています。ゲーミングパソコンとしてはエントリーモデルに属するスペックですが、PSO2をプレイするには十分なスペックです。

もしこの先PSO2だけでなく3Dゲームをプレイしていくのであれば、ここでピックアップした推奨パソコンには少し荷が重いでしょう。もしここからゲーミングパソコンデビューをするのであれば、少し先まで見据えて購入を決めたほうが良いかもしれません。