BTOパソコンメーカーのお得なデータ復旧サービス

BTOパソコンや自作PCのデータは復旧が非常に難しいものです。特に初心者なら、一度消失してしまったデータを復旧させることは不可能に近いでしょう。

また、データの消失は思わぬところから発生します。今回は対応が難しいデータ消失に対応するサービスを紹介します。

データ消失は何故発生するのか?

自作PCやBTOパソコン内のデータが消失する原因として、「バックアップの失敗」や「物理的な故障」「ファイルシステムの破損」などがあります。

特に初心者でやってしまいがちなのが、「バックアップの失敗」かもしれません。

例えば、フリーのバックアップソフトなどを使用して、外部ストレージへのバックアップを取っているとしましょう。

このとき、バックアップ中に外部ストレージとの通信が途切れると、空白のデータをバックアップとして上書きしてしまう可能性があります。

さらに、その状態で外部ストレージと自分のPCが同期してしまうと、データはゼロに。こういった論理的な障害によるデータ消失は、意外と頻繁に発生します。

また、物理的な故障によるデータ消失は、素人ではまず復旧が不可能です。

物理&論理障害に対応するツクモのデータ復旧サービス

BTOパソコン大手のツクモでは、1年、3年、5年契約のデータ復旧安心サービスを提供しています。

通常はストレージの障害レベルによって5万円から25万円の費用がかかるデータ復旧サービスを、年間1800円で受けられるので、かなり魅力的なサービスです。

論理障害(物理的な故障を含まない、ファイルシステムの不具合など)と物理障害(回路やディスクの劣化など、物理的な故障)の両方に対応しています。

また、データ復旧率は94%で、9割以上の確率で消失したデータが戻ってくるのです。

ただし、データ復旧可能回数に制限があるので注意してください。

1年プランなら年1回、3年なら3回、5年なら5回まで対応してもらえます。

1年プラン 1年に1回まで対応 税別1,800円
3年プラン 3年に3回まで対応 税別3,600円
5年プラン 5年に5回まで対応 税別5,400円

また、データ復旧が可能だった場合のみを1回とカウントし、不可能だった場合はカウントされません。

ツクモのデータ復旧サービスは断トツで安い!

データ復旧サービスは、ツクモ以外にもドスパラやパソコン工房で実施しています。

しかし、15000円以上の費用がかかるため、やはりツクモの定額サービスがお得になるようですね。

SSDやHDDといったストレージは、PCパーツの中でも使用年数が長くなる傾向にあります。そのため、ツクモの3年プラン以上がおすすめといえるでしょう。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2017年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!