ツクモ独占販売ケース「Sharkoon SHA-T3V」の評価

BTOショップでは各社独自のケースを採用したBTOパソコンを販売しています。しかし、ケース単体では、「独占販売」は少ないもの。

ツクモではSharkoonのPCケース「SHA-T3V」を独占販売しており、その性能と価格で一目おかれているようですよ。

使い勝手の良いスタンダード構成で税込み3680円

ツクモで独占販売されているPCケース「Sharkoon SHA-T3V」は、ミドルタワー型のスタンダードなPCケースです。

スタンダードとはいえ、拡張性は十分でATX、microATX、Mini-ITX全てに対応しています。そして、何といっても価格が魅力。3680円という激安価格は、ゲーミングPC初心者や学生に喜ばれる価格ですよね。

前面ファンにメッシュ加工!冷却能力は十分

SHA-T3Vは前面に12センチファンを2基搭載可能で、前面パネルはメッシュ加工です。さらに背面に1つ、側面に2つの12センチファンを増設できます。

合計5つの12センチファン搭載ならば、エアーフローの確立はまず問題ないでしょう。低回転かつノイズが少ないファンならば、5基搭載しても静かですからね。

また、前面吸気か側面吸気かというエアーフローの選択肢も生まれます。ハイエンドなGPUを搭載するときは、側面吸気が威力を発揮するでしょう。

ハイエンド構成でも問題ない拡張力

SHA-T3Vの拡張力はかなりもので、グラフィックボードは長さ31センチ、CPUクーラーは高さ16センチまで対応しています。また、ドライブベイは5インチ3つ、3.5インチシャドウ3つ、2.5インチシャドウ4つという構成。この点はタワー型のメリットといえそうですね。

特に注目なのがグラフィックボードのサイズです。通常構成ならば31センチサイズまで対応なのですが、シャドウベイの一部を取り外すことで、最大38.5センチまで伸ばすことができます。ハイエンド構成でも安心できますね。

PCケースは価格よりも構成で判断すべき

ゲーミングPCを自作するとき、最もお金がかかるのはCPUとGPUです。この2つにどれだけ投資できるかで、性能の大半が決まってしまいます。つまり、限られた予算で性能を最大化したいときには、この2つ以外のパーツの値段を節約しつつ、品質を保つ必要があるわけです。

SHA-T3Vはこのような「予算の制限」に対応した低価格かつ使い勝手の良い、安定したPCケースといえそうです。スタイリッシュで独創的な外見のPCケースが増える中、スタンダードで使いやすく低価格なPCケースは貴重ですからね。

ツクモの独占販売ケースSharkoon SHA-T3Vは、低予算で自作する場合の心強い味方になりそうです。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!