LANケーブルの種類とオンラインゲームに与える影響

オンラインゲーマーならば殆どの方が何らかのLANケーブルを使用しているかと思います。しかしこのLANケーブル、いくつかの種類があることをご存じでしたか?

ケーブルによって対応している通信速度も伝送帯域も異なるのです。今回はLANケーブルとオンラインゲームの関係に迫ります。

意外と知られていないLANケーブルの種類

冒頭でも述べたようにLANケーブルにはいくつかの種類があります。現在市販されているものでは、以下の5種類が主流です。

種類・規格 通信速度 伝送帯域
カテゴリー5(CAT5) 100Mbps 100MHz
カテゴリー5e(CAT5e) 1Gbps 100MHz
カテゴリー6(CAT6) 1Gbps 250MHz
カテゴリー6a(CAT6a) 10Gbps 500MHz
カテゴリー7(CAT7) 10Gbps 600MHz

LANケーブルをよく見ると、必ずどこかにカッコ内のような表記があるはずです。また、市販されているものならばパッケージにカテゴリーが記載してあります。

2018年現在の通信環境から考えると、光回線であってもカテゴリー6もしくは6aが適合します。カテゴリー7はややオーバースペックといえるかもしれませんね。

ただし、マザーボードに搭載されているイーサネットが「10GBASE-T」対応の場合は、カテゴリー7でも良いでしょう。

オンラインゲームへの影響は?

実は通信速度に適合さえしていれば、どのカテゴリーのLANケーブルを使ってもそれほど体感速度に差は出ません。私も何度かLANケーブルを交換しながらゲームをオンラインゲーム(MMORPG)をプレイしたことがありますが、どのケーブルでもまず問題ありませんでした。

ただし、「カテゴリー5(CAT5)」のLANケーブルは避けたほうが無難です。というのも、スペックを見てわかる通り、現在の光回線(1Gbps)が登場する前の規格だからです。

また、イーサネット規格「1000BASE-T」「1000BASE-TX」にも非対応で、マザーボードの能力を十分に活かせない可能性があります。さらに最大速度100Mbpsがボトルネックになり、通信速度が低下する可能性が非常に高いです。もちろん、オンラインゲームにも影響が出ます。

実際のところは数十Mbps以上でていると、人間には違いが判らないことが多いのですが、念のため覚えておくと良いでしょう。

オンラインゲーマーはカテゴリー6a以上推奨

FPSや格闘ゲームなど、動きが激しく他プレイヤーとの同期がシビアなゲームをプレイする方は、カテゴリー6aもしくはカテゴリー7のLANケーブルをおすすめします。

実際には5e以上であればほぼ違いは感じられませんが、少しでもスペックの良いケーブルを使うに越したことはありません。また、ケーブルの形状にはフラット型・丸型・スリム型(細い丸型)がありますが、一般的にノイズの影響を受けにくいのは丸型といわれています。

できるだけ通信の品質を良くしたいのであれば、「丸型かつカテゴリー6a以上のLANケーブル」を使用してみてください。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!