IEEE 802.11adはオンラインゲームの遅延対策になりうる

オンラインゲームといえば有線のLANケーブルを利用する方が多いと思います。しかし、様々な事情でそうもいかない方もいます。家族と同居していて自分の部屋が2階にある場合など、どうしても無線でしか接続できないケースなどですね。

このように部屋の配置や周囲の状況で、Wifiを使わざるを得ない場合、回線の品質をあげるためにどうしたらよいのでしょうか。その答えが、「IEEE 802.11ad」にあるかもしれません。

IEEE 802.11acよりも8倍速い!Wifiの新規格「IEEE 802.11ad」

IEEE 802.11adは、Wifiの最も新しい規格で、圧倒的な伝送速度を誇ります。では一体どれほどの速度が出るのか、Wifiの規格を整理しながら見てみましょう。

Wifiの規格一覧

規格 周波数帯域 伝送レート
IEEE 802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE 802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE 802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE 802.11n 2.4GHz / 5GHz 150Mbps
IEEE 802.11ac 5GHz 867Mbps
IEEE 802.11ad 60GHz 6800Mbps

これを見てわかる通り、IEEE 802.11adはこれまでの規格とは帯域、伝送レートともに一線を画しており、まさに別物といえますね。

特に伝送レートは従来の最新だったIEEE 802.11acに比べても約8倍。圧倒的ですね。周波数帯域が一気に60GHzまで上がったことの恩恵を受けています。

IEEE 802.11adのメリットと注意点

IEEE 802.11adはWifiの中で圧倒的な速度を誇り、オンラインゲームでの遅延対策に有効でしょう。もちろん、速度だけでなく安定性も重要ですが、これだけ速度が変われば体感はかなり変化するはず。実際にオンラインゲームでの遅延に効果があると言われています。

また、1チャネル当たりの帯域が大きいので大容量コンテンツにも十分に耐えますから、4K環境でのゲームプレイにマッチするでしょうね。

ただし、IEEE 802.11adには注意点もあります。それは遮蔽物にやや弱いということ、そして通信可能距離が短いということです。IEEE 802.11adはその仕様上、10メートル前後の距離での通信を想定しているといわれています。ちょっと短めですね。

とはいえこういったデメリットはルーターのビームフォーミング次第でかなり改善します。

IEEE 802.11adかつビームフォーミング!ネットギア「R9000-100JPS」

ネットワーク機器の専門メーカーであるネットギアから2018年1月にリリースされた「R9000-100JPS」は、IEEE 802.11ad対応でビームフォーミングを仕様できるハイエンドルーターです。

ビームフォーミングとは、電波を特定の方向に向けて細く絞り、集中的に強化して発射する技術。このビームフォーミングを使えば、IEEE 802.11adの弱点はかなり改善されるでしょう。

R9000-100JPSでは、IEEE 802.11adのへの対応で最大通信速度4600Mbpまでに対応しており、価格は43000円前後。ルーターとしては高価格ですが、Wifiによって快適なゲーム環境を手に入れるには、最適なネットワーク機器かもしれませんね。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!