nvidiaが32bit OSの対応を終了

Windows7の登場以降、一気に普及した64bit OSですが、2018年現在でも32bit OSを使っている方はそれなりにいると思います。特にサブマシンですね。複数アカウントでネットゲームをプレイする時、サブアカウント用PCは32bit版のXPや7を使っている、というケースです。

こういった方が注意しなければならないニュースがあります。それはGPU大手のnvidiaが32bit OSのサポートを終了するという事です。

nvidiaが32bit OS向けサポートを打ちきり

nvidiaは2018年4月をもって、32bit OS向けのドライバリリースを終了すると発表しました。セキュリティアップデートのみ2019年の初頭まで続く予定で、バグフィックスや機能改善などのアップデートは既に終了とのことです。

古くからのネットゲームファンの中には、32bit時代の環境でプレイを続けている方も少なからずいるでしょう。しかし今後は、GPU自体が64bit環境のみに最適化されていくため、出来るだけ早く環境の更新をかける必要がでてきました。

移行先はWindows10が無難?

そこでどのOSに移行するか、という問題が出てきます。最も有力なのは、2018年の主流であるWindows10ですね。

次点でWindows7 64bit版となるでしょうが、こちらは既に入手性がかなり落ちています。そもそもWindows 7 SP1自体、サポート期限が2020年1月14日と決められており、1年半ほどしかありません。

また、Windows 8.1は2023年1月10日までサポート期限が延長されているものの、こちらもWindows10を除外してまで選択する理由がないですね。

しかし、どうしても7もしくは8.1の環境が欲しい、という方には「Windows10のダウングレード権行使」という手段が残されています。Windows10はPro版(Professional Edition)のみダウングレード権があり、これを行使することで7もしくは8.1環境を手に入れられるのです。

ここでひとつの問題があります。それはダウングレード権を行使するためには、ダウングレード先OSのメディアとプロダクトキーが必要という点です。

なぜこういう仕様にしたのかはわかりませんが、そもそも7や8.1を持っていない人が10からダウングレードするためには、メディアとプロダクトキーを調達する必要がある…という本末転倒な結果になっています。

つまり、最悪のケース(XPからの移行など)では、7や8.1の環境を用意するために、7もしくは8.1+10Pro版を購入する必要があるという状態なのです。これならば、最初からWindows10を購入すべきですね。

できるだけ早めにWindows10へ移行するのが吉

このように、やや意味不明なダウングレードの現状を考えると、早めにWindows10に移行するのが吉といえそうです。CPUもインテル製のものは「Kaby Lake」以降、7には正式対応していませんし、AMDでもRyzen以降は公式サポートを10のみに集中すると明言しています。

つまり、CPUのアップグレードを考えても、そろそろWindows10以前のOSから脱却する時期なのです。長く続いた32bit時代に別れを告げるのは少し残念ですが、新しい環境で快適にゲームをプレイできることを考えれば、必要な投資といえるでしょう。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!