パソコン工房の第2世代Ryzen発売セール!旧Ryzenモデルに注目

第2世代Ryzenの発売でにわかに活気づいているのは自作市場だけではありません。BTOパソコンも、次々に新型Ryzen搭載モデルが発表されています。

BTOショップ大手のパソコン工房でも、Ryzen発売を記念して大々的なキャンペーンを行っているようですよ。

パソコン工房の「AMDフェスティバル」注目モデルは?

パソコン工房では第2世代Ryzen発売を記念して、旧型Ryzenのセールと価格改定を行っています。

特に注目なのが「LEVEL-M0B3-R7-TXA」です。Ryzen 7 1700 ⇒ Ryzen 7 1700Xへの無料アップグレードが可能で、GPUにはGTX1070Tiを搭載。Ryzen 7 1700とRyzen 7 1700Xは、3500円ほどの価格差があるため、お得なモデルといえます。

LEVEL-M0B3-R7-TXAのスペック

  • OS:Windows10 Home 64bit(DSP版)
  • CPU:Ryzen 7 1700 ⇒ Ryzen 7 1700X ※0円アップグレード
  • マザーボード:AMD B350搭載マザー
  • メモリ:DDR4-2666(PC4-21300) 16GB(8GB×2)
  • GPU:GeForce GTX 1070 Ti 8GB GDDR5
  • ストレージ:480GB SATA SSD /2TB SATA HDD
  • 電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

この構成で価格は税込み18万円強ですから、かなり安いですね。スペック的には「Core i7 8700K+GTX1080」にやや劣るものの、ハイエンドゲーミングPCといって差し支えありません。

大抵の重量級ゲームを高画質で問題なく(60FPS以上)遊べるレベルです。旧型になったとはいえ8コア16スレッドのRyzen 7 1700Xは、まだまだ現役として活躍できるCPUでもあります。

GPUをGTX1080Tiまでグレードアップしてもボトルネックは発生しにくいですし、拡張性は十分です。

APU型の「Ryzen G」搭載モデルもアツい

こちらは旧型ではなく、Ryzen GシリーズとしてリリースされたAPU搭載モデルです。内蔵グラフィックのレベルはGT1030を超えると言われており、APU単体でローエンド~ミドルレンジゲーミングPCレベルの性能を叩き出します。

Zenアーキテクチャ+Vegaアーキテクチャを採用した、「真のAPU」と呼ばれていますね。個人的には「LEVEL-M0B3-R5G-VHR」が優秀だと思います。

LEVEL-M0B3-R5G-VHRのスペック

  • OS:Windows10 Home 64bit(DSP版)
  • APU:Ryzen 5 2400G
  • マザーボード:AMD B350搭載マザー
  • メモリ:DDR4-2400 (PC4-19200) 16GB(8GB×2)
  • GPU:APUに内蔵(Radeon Vega 11 Graphics)
  • ストレージ:240GB SATA SSD /1TB SATA HDD
  • 電源:350W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源

この構成で税込み87000円程度ですから、非常に手軽で購入しやすいゲーミングPCといえます。GPUが搭載されていないとはいえ、国産のMMORPGはストレス無く遊べるでしょうね。

標準画質+フルHD程度ならば、まず不便を感じることはなさそうです。メモリが16GBというのも評価できます。最近のゲーミングPCは8GBモデルが多いのですが、個人的にはやはり16GBがおすすめです。

16GBのメモリ容量があれば、ゲーム+スカイプ+youtubeのような組み合わせでも難なく動作しますからね。

世代交代は買い時のひとつ

CPUやGPUの世代交代が行われる時期は、ゲーミングPCを買い換えるチャンスでもあります。旧世代の値下げモデルを買うもよし、新世代のハイエンドを狙うもよし、どこに投資しても無駄になりにくい時期です。

ドスパラやツクモ、マウスコンピューターなどでも動きがありますので、大手BTOショップのモデル入れ替えに注目していきましょう。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!