電源容量は「大きいほど良い」理由とは

ゲーミングPCの電源容量は、「大きいほど良い」といわれることがありますが、この理由をご存じでしょうか。電源容量に余裕を持たせると、どのようなメリットがあるのかを具体的に解説します。

電源容量に余裕を持たせるべき理由

ゲーミングPCの電源は、システム全体の消費電力よりも、少し大きめの容量を選ぶべきです。その理由は、主に2つあります。

一つ目は、「拡張性が高くなる」ことでしょう。ゲーミングPCはGPU、CPU、メモリなどを交換・追加する可能性があることから、構成によって消費電力が変化します。

この変化を支えるのは、電源容量です。例えばGPUをGTX1050TiからRTX2070に変えようとおもったとき、電源容量が400Wでは不安がありますよね。あらかじめ600W程度の電源を選んでおけば、RTX2070へのアップグレードにも耐えられます。

二つ目は、「故障する確率が低下する」という点です。電源容量と故障率が関係あるのか…?と思うかもしれません。しかし、電源は「負荷によって変換効率が変わる」という特徴があります。具体例として、80plus認証の基準を見てみましょう。

80PLUS認証のグレード別変換効率(負荷20%、50%、100%)

80PLUS 負荷20% 負荷50% 負荷100%
STANDARD 80% 80% 80%
BRONZE 82% 85% 82%
SILVER 85% 88% 85%
GOLD 87% 90% 87%
PLATINUM 90% 92% 89%
TITANIUM 92% 94% 90%

これを見てわかる通り、電源への負荷率が50%のとき、変換効率が最もよくなり「電気を無駄なく使えている」状態といえます。同じ消費電力のシステムを動かすにしても、電源の負荷を50%程度で済ませたほうが、システムは安定するのです。

80PLUS認証については「初心者が知っておきたい!BTOパソコンの電源ユニットの容量、『80PLUS認証』の見方」の記事をご覧ください。

大容量電源をどう選ぶか?

では、大容量電源をどう選べばよいのでしょうか。基準は人によってさまざまですが、私の場合は特に以下を重視しています。

  • 保証期間が5年以上あるか
  • 日本製コンデンサを使用しているか
  • 80PLUS認証のグレード
  • サポート体制

特にコンデンサの質は非常に重要です。電源の寿命=コンデンサの品質、と言っても差し支えないほどです。また、サポート体制は日本国内の企業ほどしっかりしている傾向にあります。

海外メーカー製の電源でも品質が良いものはあるのですが、サポート体制に不安があることが多いですね。サポート体制が充実していれば、不具合があっても数日で「新品交換」などを行ってくれます。

個人的には、オウルテックのサポート体制が良かったです。オウルテックは電源の保証期間も最長12年と非常に長く、しっかりとノウハウを持った技術者が常駐している印象です。

Seasonicシリーズなど、日本向けに特別なカスタマイズを施した高品質電源シリーズは、電源容量が大きく品質も安定しています。電源容量については「ゲーミングPCを自作する際の電源容量の選び方&計算方法。初心者が間違えないためのコツ」で紹介しています。

後々のパーツ交換や故障のリスクを考えると、ゲーミングPCの電源は、最低でも450W、できれば650W程度を確保したいところです。価格はあまり気にせず、余裕をもった容量とサポート体制を重視して選んでみてください。