Ubuntu搭載PCでゲームは可能?

今やゲームはWindows PCだけでやるものではなくなりました。Chrome OSやSteam OSなどWindows以外のPCでもゲームが楽しめてしまいます。

今回は特に、WindowsやMac OSと同様にGUIが優れているLinuxディストリビューション「Ubuntu」に注目し、ゲームが可能なのをか調べてみました。

そもそもUbuntuって?

UbuntuはLinuxのディストリビューションの中でもメジャーな系統「Debian系」に属するOSです。OSSであるため無償配布されており、ダウンロードやインストールにお金はかかりません。

2004年に公開され、2005年10月頃からは「Ubuntu Japanease Team」による日本語化が進んでいました。

Ubuntuの特徴は「一般のデスクトップPC」で使うことを想定したLinuxだという点です。サーバー用途を想定するLinux系OSの中では珍しくGUIベースの操作に力を入れています。

そのため、Windowsのように使いやすくユーザーフレンドリーな画面で、マウス+キーボードによる直感的な操作が可能です。

また、Ubuntuは他のデスクトップ用OSと同じように、インストール後すぐに立ち上がり、使用を開始できる点も見逃せません。

一般的なLinuxのようにコマンド操作でパッケージインストールや依存関係の解消などを行わずに済むことから、WindowsやMaCと同等の感覚で使い始められます。

Ubuntuの強みは、なんといっても「軽い」こと。「古びたWindows PCにUbuntuをインストールしてみたら、まだまだ現役で使える」という声は何度も聞きました。

私自身も、6年落ちの国産メーカーPCにUbuntuをインストールし、ブラウジングやリサーチ専用マシンとして2年ほど使ったことがあります。

すでに10年以上前のことですが、その時点でも何不自由なく使えていましたね。マシンに要求するスペックが低く、ゲームをしないならば永遠にUbuntuで十分なのではないかと感じるほどでした。

Ubuntuでゲームはプレイできるのか?

さて、ここからが本題です。軽量でどんなマシンでも動作し、使いやすく、「タダ」で手に入るUbuntuですが、ゲーム用途でも使えるのでしょうか。

2021年時点で、メジャーなゲームの大半はWindowsのみ対応ですよね。そこで、Steam内でUbuntuに対応しているゲームがあるのかを調べてみました。

結果はこちら(https://store.steampowered.com/linux)です。

リンク先を見るとわかりますが、Steam上では結構な数のタイトルがUbuntuに対応しています。

有名どころですと「Counter-Strike: Global Offensive」や、「ARK: Survival Evolved」、「Terraria」なんかが目につきますね。

また、最近ゲーム界隈の話題を席巻しているオープンワールド型のクラフトゲーム「Valheim」もLinux対応です。

Valheimについては、単に64bitのLinuxとしか記載がありませんが、とりあえず最新の安定バージョン「20.04LTS」をインストールしておけば問題ないでしょう。

というよりも、Ubuntuの日本公式からダウンロードできるOSは全て64bit版になっているようですね。

正直なところ、ここまでビッグタイトルが対応しているのは驚きでした。

もちろん、マシンスペックはそれなりに必要なのですが、単にゲームをするだけならWindowsはもはや必須ではないのかもしれません。

Windows7などがインストールされていたちょっと古いPCにUbuntuをインストールし、Steam専用マシンにしてみるのも面白そうですね。