自作PCでよく使う端子の一覧

自作PCにたくさんの端子があり、混乱する人も多いと思います。私も端子については未だに混乱することがありますし、用途についてもちょっと曖昧になりますからね。

そこで、自作PCでよく使う端子について整理してみたいと思います。

自作PCでよく使う端子の一覧とそれぞれの役割

では早速、ほぼ確実に使う端子の一覧を整理してみましょう。

ATX20/24ピン

マザーボードでメモリスロットの近くにある横幅の広い端子です。

おそらくマザーボードにつなぐ端子の中で最も幅が広く、ピンの数も多いのですぐにわかると思います。

メインパワー端子とも呼ばれ、マザーボードに電力を供給するために使われています。

現在は24ピンが主流ですが、昔は20ピンでしたね。今でも20ピン+4ピンで別れていることがあるのはその頃の名残です。

+12V電源用4ピン

主にCPUへ電源を供給するための端子です。電力を安定させるために前述の24ピンとは別に独立して設けられています。

この端子を指さないと電源が入らないこともあるため、注意しましょう。

ATX/EPS12V(8ピン)

こちらも主にCPUに向けた電力供給が主で、メニーコア時代になって一般化しました。

+12V電源用4ピンの隣に配置されることが多く、かつてはサーバー用に限定された端子でしたが、現在はコア数と消費電力の増加から標準装備に。

Serial ATA端子(SATA)

HDDやSSD接続に使われる端子でL字形状になっている断面が特徴。ちなみにSATA1.0(1.5Gbps)、SATA2.0(3Gbps)、SATA3.0(6Gbps)のいずれも形状は同じです。

汎用4ピン(ペリフェラルパワー端子)

汎用の電源端子でUltra ATAのドライブやファンで使用します。最近ではめったに見かけませんが、古いタイプのHDDはこのタイプのこともありますね。

PCIe用端子(6ピン、8ピン)

GPUに挿す「外部電源」ですね。PCIeスロット以外からの電力供給が必要なミドルレンジクラス以上のGPUを稼働させるために必要です。

6ピンタイプと8ピンタイプがあり、グレードに応じて使い分けます。

PCIe×1スロット

PCIeスロットの中で最も小さく短いスロットです。LANボードやRAIDボード、サウンドカード、キャプチャカードの設置に使われます。

PCIe×8スロット

主にサーバー向けのマザーボードに搭載されているスロットで、デスクトップPCではあまり使用されません。私もほとんど使ったことが無いですね。

×1や×4の代用としての使い方がメインでしょうか。

PCIe×16スロット

GPUを挿しこむスロットです。PCIeと言えばこのスロットを思い浮かべる方が多いでしょう。PCIeの中で最も長いスロットです。

ハイエンドなマザーボードの中には、このスロットを2本以上もつものもあります。しかしGPUの性能が向上した今、GPUを2枚以上挿すことは稀なので、1個あれば十分ですね。

基本的には端子の「口」を見れば間違えることはない

このように自作PCにはたくさんの端子がありますが、基本的には挿し間違えることがありません。

これらは全て形状の異なる口を持っており、パーツや電源と口の形状を見ながら挿しこんでいけば、大きな間違いにはつながらないからです。

気を付けるとしたら、GPU用の6ピン・8ピンの挿し忘れくらいでしょうかね。