Windows10へ乗り換えるメリットと最終期限

ゲーミングPCのOSとして旧バージョンのWindowsを使っている方は注意が必要です。なぜなら、Windows10以外では最新GPUの恩恵が受けられなくなる可能性が高いのです。

また、Windows10以外のOSは、サポート期限に注意しなくてはなりません。今回はWindows10に乗り換えるメリットや、サポート期限について紹介します。

なぜWindows10に乗り換えるべきなのか?

2018年秋に発表されたnvidiaの最新GPU「RTXシリーズ」をご存じでしょうか。このGPUは、最新技術として「レイ・トレーシング」を搭載しています。レイ・トレーシングは、光の明暗やオブジェクトの視覚効果などが格段に向上しており、RTXシリーズの目玉のひとつです。

実はこのレイ・トレーシングは、「Windows10環境でのみ動作する」という特性をもっています。つまり、Windows7や8.1ではレイ・トレーシングの恩恵を受けられないのです。

また、単にWindows10であれば良いというわけではなく、アップデートの最新バージョン「October 2018 Update」を適用しておく必要があります。すでにBTOショップなどで売られているゲーミングPCはWindows10搭載のものが大半を占めていますので、必要に応じてアップデートをかけていきましょう。

OSのみ、旧バージョンからのアップグレードも可能ですが、RTXシリーズを使ってみたいのであれば、買い替えたほうが無難かもしれませんね。OSのアップデートは、ドライバやレジストリの関係から、予期せぬエラーが起こることもありますし……。

Windowsのバージョンによるサポート起源に注意

Windowsは定期的に新バージョンが発表され、それぞれサポート期限が決められています。また、サポートの種類として、「メインストリーム」「延長サポート」という2つがあり、それぞれサポート内容も異なります。

WindowsOSごとのサポート起源

Vista 2018年12月現在、全てのサポートが終了
Windows7 延長サポートのみ有効(2020年1月14日まで)
Windows8 サポート対象外
Windows8.1 2018年12月現在、延長サポートのみ有効(2023年1月10日まで)
Windows10 メインストリームサポート⇒2020年10月13日まで、延長サポート⇒2025年10月14日まで、サービスパックサポート⇒リリース日から18か月間

WindowsOSにおけるサポートの種類

  • メインストリームサポート:セキュリティ更新プログラムや仕様変更、新機能の追加、修正プログラムについてのリクエストなど
  • 延長サポート:脆弱性対策としてセキュリティ更新プログラムの提供

このように2018年12月時点でサポート対象になっているOSは「Windows10」および「Windows7」のみです。

また、フルサポート体制が整っているのはWindows10のみになります。RTXシリーズや第9世代Coreシリーズ、Ryzenなどを使う場合は、Windows10が必須になるわけですね。

Windows10は半永久的に使える?

マイクロソフト社は「Windows 10はWindows最後のバージョン」と発表しており、今後はWindows10をベースとしてアップデートを行っていくようです。

つまり、旧世代のOSに比べると長寿命であると予想されます。Windows7や8.1を使っている方は、是非10に移行しておきましょう。