HDMI2.1でゲームはどう変わるか

かつてはゲーム分野で「実用的ではない」と言われた4Kディスプレイですが、徐々に一般化が進んでいます。今後HDMI2.1が普及していけば、4K環境でも100FPS以上が当たり前になるのかもしれません。

そこで、HDMI2.1の基礎知識を踏まえつつ、ゲームに与える影響を考えてみたいと思います。

HDMI2.1とはなにか?

HDMI2.1とは、HDMIの新しい規格であり、従来のHDMIよりも高い伝送速度と大容量のデータ伝送に対応しています。HDMIは2002年に最初のバージョンがリリースされました。以降、定期的にアップデートが繰り返されています。

2021年時点で流通している機器の大半は、HDMI1.4か2.0に対応しているでしょう。ちなみにHDMI1.4は2009年、HDMI2.0は2013年にリリースされています。

HDMI2.1は2017年にリリースされた規格ですが、HDMI2.1対応のディスプレイはまだ市場にほとんど出回っていません。

HDMI2.1は4K以上の環境を意識した、リフレッシュレートの向上が可能になっています。

HDMIバージョンごとのリフレッシュレート対応状況

HDMI1.4

画面解像度 リフレッシュレート
フルHD 144Hz
WQHD 75Hz
4K 30Hz
4K以上 非対応

HDMI2.0

画面解像度 リフレッシュレート
フルHD 240Hz
WQHD 144Hz
4K 60Hz
4K以上 30Hz

HDMI2.1

画面解像度 リフレッシュレート
フルHD 240Hz
WQHD 240Hz
4K 240Hz
4K以上 120Hz

このようにHDMI2.1になると、4K以上の対応リフレッシュレートが飛躍的に向上します。

144Hzのゲーミングモニターが珍しくなくなった今、本当の意味で4K環境が普及するのはHDMI2.1に移行してからかもしれませんね。

HDMI2.1でゲーム環境はどう変わるか

端的に言えば「フルHDに」こだわる必要が全くなくなります。これまでは、一般的に流通量が多いフルHD/144Hzのゲーミングモニターを使用する方が多かったと思います。

HDMI2.0ならWQHDでも144Hzまで対応しているわけですが、いかんせんWQHDは流通量が少ないですからね…。

また、4Kでは60Hzが実使用上の上限のようになっていたため、リフレッシュレート描画重視で選んだ場合、安く・入手性がよく・性能もよいフルHDが選択されてきました。

HDMI2.1が普及するようになれば、4Kでも100Hz以上が可能になりますから、フルHDからの脱却が進むと考えらえます。いわゆる「FPSガチ勢」であっても、4Kモニターを選ぶ人が増えそうですね。

2021年時点ではかなり高価

ただし、4KかつHDMI2.1対応のゲーミングモニターはかなり高価です。Acerが発表した28型の4K 144Hz対応 HDMI2.1モニターは、約900ドルで2021年5月に発売予定とのこと。

日本円なら10万円を軽く超えてくると思いますから、かなり高い部類に入ります。価格が落ち着くまでには2~3年かかると考えれば、4K環境への本格移行はもう少し待つべきなのかもしれません。