初めてのBTOパソコンは床置き?机置き?置き方や置き場所についての注意点

ミドルタワー以上のケースでデスクトップゲーミングPCを組んだ、あるいは購入した際、多くの方が悩むのは置き場所についてです。フルタワーサイズにもなると、狭い部屋ではかなり置き場所が限られてきてしまうのではないでしょうか。

ただ、大きいからと言って、デスクトップゲーミングPCを適当に設置してもよいかと言われると、決してそうではありません。置き場所ひとつで排熱効率などは変わってきてしまうため、場所が悪いと夏場など熱くなりやすい時期に、パソコンがトラブルを起こす場合があります。

本記事では、パソコンの置き場所について、注意すべきポイントをまとめました。

パソコンの置き場所について。机か床か?

まず、パソコンの置き場所について。主流である机の上と床の上の二種類を比較し、メリットとデメリットを紹介します。ちなみに、最近は壁に掛けるタイプのケースも出てきているので、そのうち床や机にパソコンを置かない時代がやってくるかもしれません。

机の上に置く場合のメリットとデメリット

パソコンを机の上に置く場合のメリットは以下の4つがあります。

  • 風通しがよく、排熱効率が良い
  • インテリアとして目立たせることが出来る
  • パソコンの起動や配線がしやすく、PC背面のポートも利用しやすくなる
  • 床の上と比べてケース内にホコリが侵入しにくい

風通しとインテリア、配線などの取り回しがよくなるため、スペースに余裕がある場合は机の上に置くのがオススメ。床の上と比べてホコリが侵入しにくいのも大きなメリットです。

一方、机の上に置いた場合のデメリットは以下の通り。

  • 地震などで、万が一の際に落下する危険性がある
  • 机の上のスペースが狭くなる
  • パソコンと使用者の距離が近くなるため、ファンの音が気になりやすい
  • 机の上で飲み物などをこぼした場合に少し危険

こちらは、設置する机によってはデメリットになりにくい場合もありますが、概ねこのような事柄が挙げられます。

床の上に置く場合のメリットとデメリット

床の上に置く場合のメリットは、以下の通りです。

  • 机のスペースが広くなる
  • 落下の心配がない
  • 机の下など、デッドスペースになりやすい部分を有効活用できる

部屋があまり広くない人にとってはこのメリットは大きく、実際床に置いている人も多いかと思います。

では、床置きのデメリットも見ていきましょう。

  • 排熱効率(風通し)は場所によっては悪くなりやすい
  • ケース内にホコリが溜まりやすい
  • 場所が悪いと脚を引っ掛ける可能性がある
  • 起動や配線は少しやり辛くなる

机の上と比べて、床に溜まったホコリが侵入しやすいのが最大のデメリット。床の上に置く場合、ケース内のホコリは週に一度掃除するようにしておくと良いでしょう。ホコリは排熱効率を低下させますので、適切に除去しなくてはなりません。

土台が安定した、排熱効率の高い場所に置こう

まず、机の上、床の上問わず、土台が安定した場所に置くのが大前提です。デスクの上であれば、落下の危険性があるデスクの端などには決して置かないようにしましょう。デスクの端に置くのであれば、机の下に移動させたほうが賢明といえます。

また、夏場であれば空気の通り道があり、なおかつ気温が高くなりにくい所に設置するのがおすすめ。ただ、空気の通り道があるからといって、直射日光を浴びやすい窓際などに置くのは非常に危険ですので、くれぐれも設置しないように気をつけましょう。

以上をまとめると、机の下に置いて、一週間に一回程度ケース内のホコリを掃除するか、机の上の安定した場所に設置するか、のいずれかが無難といえます。パソコンの設置場所は適切に、かつ快適に使えるよう、しっかりこだわって置くとよいでしょう。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2017年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!

>> BTOパソコンおすすめランキング2017年版はこちら