2万円あったらどこに投資?PCパーツの優先順位

手持ち2万円の予算があったとして、自分のPCを何とか性能アップさせたい。このような時、一体どのパーツに投資すべきか迷いますよね。

3万円あればワンランク上のグラフィックボードやCPUに手が届きますが、2万円という金額は実に中途半端です。そこで、個人的にPCパーツの優先順位を考えてみました。

ケース1:メインPCでゲーミングPCの場合

CPU、グラフィックボードともにミドルレンジ以上のパーツを使用していると仮定すると、個人的には電源かグラフィックボードに投資します。

例えばGTX1050が内蔵されているのなら、それを売却(8500円前後)&手持ち2万円との合算でGTX1060の6GB版(29000円弱)を購入できます。

GTX1050からGTX1060の6GB版にアップグレードすると、性能が1.6倍近くになりますから、性能向上を体感できるでしょう。

また、もう一つの方法として、高品質かつ大容量な電源に交換するという方法もあります。具体的には、SILVERSTONEの「SST-ST70F-TI」なんかが候補に挙がってきそうです。

容量700Wで80PLUS認証のTitaniumですから、容量品質ともに十分すぎるほどです。このクラスの電源ならシステムの入れ替えで必要電力が増えても、少々のことならビクともしません。

長期的に見て、割の良い投資になりそうです。

ケース2:サブPCもしくは軽作業用PCの場合

ブラウジング、動画配信の視聴、軽めの2Dゲームといった作業がメインのPCであれば、2万円でマザーボードとCPUをセットでアップグレードします。

例えば、マザーボードをMSIの「B250M PRO-VH」(8000円前後)で、CPUは「Core i3 6100」(13000円弱)という組み合わせ。

上位モデルと変わらない内蔵グラフィック(Intel HD Graphics 530)とCPU性能(2コア4スレッド、3.7GHz)、準最新世代のチップセットを採用したマザーボードで、数年は持ちこたえるでしょう。

軽作業用のサブPCとしては、十分すぎるほどの性能アップとなります。

ケース3:それ以外の場合

これら以外の場合は、メモリが16GB以下ならメモリへ、電源が500W未満なら600Wで80PLUS認証Gold以上のものへといった感じでしょうか。

CPUに関しては、すでにミドルレンジ以上を搭載しているのならそれを売却してRyzen5 1600X(29000円弱)などを狙うのが妥当でしょうか。

このように、状況によって優先順位は変わります。正直なところ、2万円ならもう少しお金を貯めて3万円前後にしてからアップグレードを考えるのがベターだと思うですが、どうしてもPCに不満があるときは、これらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2017年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!