BTOパソコンを購入後はじめにすることは

BTOパソコンを購入後、まず最初にやることと言えばなんでしょうか?意外と人によってバラバラなのではないかと思います。

もちろん、モニターをつないで電源を入れるという作業は必須ですが、問題はその後です。今回はBTOパソコン購入後、最初の作業について解説します。

BTOパソコンが到着後、すぐにやるべきこと

1)内容物確認と保証書の保管

後回しにしてしまうと、意外と面倒なのが書類作業です。はやる心をおさえて、まずは冷静に保証書の確認をしておきましょう。

BTOパソコンの場合、かならず1年以上の保証が付いていると思いますので、保証書(もしくはそれに相当するもの)などをクリアファイルなどで閉じます。

また、ドライバ&アプリケーションCDや、付属の備品類もチェックしておきましょう。

2)通電&OS起動

書類関係は10分もかからず整理できるはずなので、電源にコンセントをつないで通電しましょう。電源のスイッチをいれるとファンが回転するはずです。

この状態でPC自体の電源をオンにします。OSの初回起動画面が現れますので、必要事項を入力してログイン。ここまでは大抵の人が問題ないはずです。

3)コントロールパネルとデバイスマネージャの確認

コントロールパネルからシステム情報を確認し、CPUやGPU、OS、メモリなどに間違いがないかをチェックします。また、デバイスマネージャから認識されていないデバイスがないかも確認しましょう。

4)必要に応じてドライバCDの作成及びアップデート

最近のBTOパソコンは、PCを構成しているパーツのドライバや付属アプリケーションなどをきちんと整理して添付してくれます。

また、内容もできるだけ最新バージョンを入れてくれているので、アップデートせずとも特に不具合なく使えることが大半です。

しかし、グラフィックドライバなどは頻繁にアップデートがかかる上に、バージョン毎に性能が変わることも多いので、必ずチェックしておきましょう。

5)不要ソフトウェアのアンインストール

BTOパソコンには、国産メーカー製のPCなどと異なり、不要なソフトウェアはほとんどインストールされません。

しかし、セキュリティソフトは無料体験版などがインストールされることが多いため、必要に応じて削除していきましょう。

ただし、代替となるセキュリティソフトは必須です。avastやAVGなど無料のアンチウィルスソフトと、OSのファイアウォール機能などを準備したうえで、削除を進めていきます。

購入直後の整理がトラブルを防ぐ

購入直後にしっかりと保証書類、ドライバCD、製品仕様書を整理することで。その後とトラブル対応がスムーズになります。

注文時には目を凝らしてスペックを吟味したかもしれませんが、購入後しばらくすると、細かい情報を忘れてしまうものです。

保証書や仕様書、ドライバCD、アプリケーションディスクなどは、メンテナンス時に必ず必要になる重要なアイテム。これらの整理と保管から始めると、何かあっても慌てる必要がなくなりますよ。