3D XPointとNAND型の違い!SSDは「3D XPoint」が主流になる可能性

SSDが本格的に登場してから早10年が経過しようとしています。今やSSDは、SATA接続からNVMe接続へと進化を遂げ、小型・高速・大容量の一途を辿っているわけです。

しかし2018年、SSDに新たな革命が起ころうとしています。従来のNAND型メモリではない「3D XPoint」が、SSDをさらなる進化へと導くのです。

3D XPoint採用のSSDとは何か?

接続インターフェースの進化によって高速化を遂げてきたSSDですが、今後はメモリ技術そのものの進化で、より高速な読み書きができるようになるでしょう。

2018年現在、SSDは不揮発性フラッシュメモリの一種である「NAND型」が主流です。現在、国内外の大半のメーカーでNAND型フラッシュメモリを採用したSSDが製造されており、一般に出回っているものもほぼ100%NAND型といえます。

けれどもSSDの世界でもムーアの法則(2年で集積度が2倍になる)は行き詰まっており、微細化には限界が来ています。そこで、レイテンシを少なくし、より長寿命でなおかつ書き込み速度が速い、新規格のSSDが登場しようとしているのです。

それが「3D XPoint採用のSSD」です。3D XPoint採用のSSDとは、IntelとMicron Technologyが共同開発した次世代のメモリ・ストレージ技術。

実に20年ぶりの新メモリ技術と呼ばれており、不揮発性フラッシュメモリの技術としては非常に革新的です。その特徴は1bit単位で読み書きが行えること。これによってNANDメモリ比で、レイテンシが10分の1、書き込み速度が4倍、寿命が3倍という圧倒的なパフォーマンスを提供するそうです。

3D XPointとNAND型との大きな違い3つ

3D XPointと従来のNAND型を比較したときの差は、以下の3つです。

3D XPointのメリット

  • 1bit単位でリードライトが可能
  • リードライトともに、NAND型よりも高速(数倍~数十倍)
  • 耐久性が高い

これだけを見ると、どう考えても3D XPointの圧勝に見えますよね。しかし、次のような課題も抱えています。

3D XPointのデメリット

  • 大容量化のめどが立っていない
  • 製造メーカーが少なく、供給が安定しない(入手性が低い)
  • NAND型に比べて容量あたりの価格が高い!

すでに3D XPointを採用したSSDはいくつか登場しているものの、どれも高額です。

例えば、「Intel Optane SSD 900P」は容量280GBながら、価格は5万円近くします。しかし、拡張カードタイプで取り回しが楽なことや、2018年1月時点で最強のスペックを誇ると噂されるだけあり、一部のPCファンは早くも”買い”に走っているようです。

ゲーミングPCの性能底上げにはSSDか?

メニーコア化によって革新的なCPUが数多く登場した2017年、ゲーミングPCの性能は一気に伸びたと言っても過言ではないでしょう。しかし、2018年は20年ぶりの新技術である「3D XPoint」がゲーミングPCの性能を底上げしてくれるかもしれません。

今回は接続インターフェースの進化ではなく、メモリ自体の進化なので、恩恵は大きいと考えられます。特にライト(書き込み)性能の向上が目覚ましく、前述した「Intel Optane SSD 900P」は、同じく拡張型SSDの「SSD 750シリーズ」と比較して2倍以上の速度を叩き出すという結果もでています。

性能を追求するゲーマーならば、3D XPoint採用SSDは要チェックの製品といえそうですね。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!