Windowsセキュリティが突如エラーに!何をすべき?

Windows10にはいくつかのセキュリティ機能が実装されており、特にセキュリティソフトを導入しなくても一定の強度が保たれています。

しかし、ある条件下において、このセキュリティ機能が動かなくなってしまうことがあります。

私もつい先日、セキュリティ機能がエラーになってしまいました。今回はその時の対応方法をお伝えしておきます。

Windows10のセキュリティエラーとは?

ウィンドウズマークを押し、「設定」から「更新とセキュリティ」へ、さらに「Windowsセキュリティ」を開くと、OS全体のセキュリティ機能が一覧表示されますよね。

私が経験したエラーは、この「Windowsセキュリティ」の画面で「ウィルスと脅威の防止」の部分に赤いバツが付き、次のようなメッセージが表示されるものでした。

「このアプリの一部の領域へのアクセスはIT管理者によって制限されています。」

アカウントの権限の問題かな?と思い、ユーザーアカウント制御のレベルを下げても、問題は解決せず…。

今までみたこともない症状だったので、戸惑いました。ちなみにウィルスソフトはいれておらず、Windows標準のセキュリティのみを使用している状態です。

色々解決方法を試みたので備忘録として記しておきます。

試したこと

そもそもこのエラーは、サードパーティー製のウィルスソフトのアンインストールがうまくいかない場合に発生しがちなもの。

私は前述のとおり何のソフトも導入していなかったので、対策しようがなく頭を抱えました。

そこでまず最初に行ったのは、ユーザー権限の変更でした。正しくは、ログインユーザーを作成し、新たにログイン。しかし問題は解決されず、相変わらず赤いバツが表示されます。

次に思いついたのがレジストリに何かゴミが残っていてエラーを起こしているのではないかということ。しかし到着してセットアップしたばかりの新PCで、思い当たる節も無く…。

何度か再起動しながら時間ばかりが経過しましたが、ついに原因を突き止めました。

その原因とは「OCツール」です。マザーボードがASUS製だったため、ASUS謹製のOC&ファンコンツール「ASUS AI SUITE3」をインストールしていたのですが、このソフトが悪さをしていたようです。

アンインストールして再起動したら、見事にエラーが消えました。OCツールはBIOS上の情報を取得し、OS上から各種制御を実行できる優れものですが、何かの処理がセキュリティ機能とバッティングしたのかもしれません。

非常に便利なツールなので使い倒す予定だったのですが、完全に予定が狂いましたね。まあ、BIOS上から設定を詰めていけばよいだけの話ですが…。

セキュリティエラーはすぐ解決すべき

Windows10のセキュリティ機能はかなり優れていて、特にサードパーティ製のソフトをインストールしなくとも、一定のセキュリティ強度を保ってくれます。

それだけにセキュリティ関連機能のエラーは重大ですから、すぐに解決すべきでしょう。もしエラーが生じるようなら、OCツールも疑ってみてくださいね。