チェンバー構造ケースのメリットとデメリット

マザーボード部分と電源部分が物理的に板で区切られている「チェンバー構造」のPCケースが人気ですよね。

このチェンバー構造、どうやら自作歴が長いユーザーからは賛否両論があるようです。そこで、チェンバー構造のメリットとデメリットを整理してみたいと思います。

チェンバー構造のPCケースとは

チェンバー構造とは文字通り「チェンバー(小部屋)」のように、PC内部が区切られているタイプのPCケースです。2017年あたりから徐々に増え始め、今では人気モデルの大半がチェンバー構造を採用するようになっています。

一般的には、マザーボード設置部分と電源設置部分を区切る方式が多いです。また、これ以外にもmini-ITX対応ケースなどでは「ケース内を縦に2分割」する方式もあります。

チェンバー構造のメリットとデメリット

メリット

メリットは主に以下3つです。

エアフローが確立されやすい

区切りがあることで空気の流れが一方向に整いやすく、限られたスペースでも熱の排出がスムーズになります。また、チップセット・電源・GPUなどの「熱源」をお互いに干渉させないことで、冷却効率を上げる狙いもあるのでしょう。

一般的なミニタワーやミドルタワーケースの場合、フロントから吸い込んだ空気は、放射状にPCケースの中に拡がります。

このとき、電源部分にチェンバーがあることで、吸い込んだ空気はマザーボード側、特にCPU部分に向かいやすくなるわけです。空気が分散しないため、小さい風量でも効率よくケース内部を冷やすことができます。

見た目が良い

さらに、見た目もすっきりしており、サイドがアクリルやガラスのPCケースでは、スタイリッシュさの演出にもつながるでしょう。

静音性能があがる

特に電源部を覆い隠すことが多いため、電源ファンの音がシャットアウトされます。ただし、これについては素材や構造によるため、すべてのケースが当てはまるわけではありません。

デメリット

一方、デメリットとして次の2点が挙げられます。

メンテナンス効率が落ちる

私も2台ほどチェンバー構造のPCケースを購入しましたが、どちらもチェンバー無しのモデルにくらべてメンテナンスがしにくいです。

大型のGPUやCPUクーラーの設置、マザーボードを取り付け、M.2 SSDの差し込み、どれをとっても不便ですね。いったん組み付けてしまえば実害はないのですが…。また、電源部分が隠れてしまうことで、電源の脱着も面倒でした。

ケーブルの取り回しが悪い

マザーボードと電源、シャドウベイなどをつなぐケーブルの取り回しが悪くなりがちです。

最近のPCケースは大半が「裏配線」に対応しているものの、チェンバーがあることで余計な取り回しが発生するため、ケーブルの長さがギリギリになることも。

あえてチェンバー構造を選ぶ理由はないが…

私個人の意見としては、現状のPCケースに満足しているならば、あえてチェンバー構造タイプに変更する必要はないと思います。

しかし、今からPCケースを選ぶとなると、人気モデルの大半がチェンバー構造だけに、選択せざるを得ない可能性もあります。

慣れてしまえばどうということはないのですが、メリット・デメリットを把握したうえで購入することをおすすめします。