ハイスペックPCにおすすめの電源ユニット

グラボ2枚刺しやRAID構成、CPUのオーバークロックなど、ハイスペックな自作PCを目指すなら電源ユニットもそれなりのものが必要です。今回は容量が650W以上でなおかつ80PLUSゴールド以上から厳選した3モデルをご紹介。

実売価格も記載していますので、理想の自作PCを構築するための参考にしてみてください。

グラボ1枚刺しならド安定「RM650x」

CorsairのRM650xは、フルモジュール(ケーブル類が全て取り外し可能)、セミファンレス(低負荷時にファンが停止)、80PLUSゴールド認証、650Wの容量とすべてが高いレベルで揃っています。

もちろん、コンデンサは、日本製の105℃モデルを全面採用。ハイエンドなビデオカードにも対応できるよう+12Vのシングルレーン設計を採用しており、GTX1080Ti以上のモデルでも対応可能です。

実売価格は1万3千円から1万5千円程度で、それほど高額でもありません。このシリーズは550Wから1000Wまでそろっており、構成によって容量を選択しやすいというメリットもあります。

中でも、この650Wモデルは安定性に定評があり、不具合の報告なども少ないことから特におすすめできるでしょう。

80PLUS最上位のTitanium認証モデル「SST-ST80F-TI」

SilverStoneの800W電源ユニット「SST-ST80F-TI」は、80PLUS認証の最上である「Titanium」認証を受けている高出力電源ユニットです。実売価格は2万3千円から2万5千円程度。

変換効率90%を達成するモデルで、コンデンサはもちろん全て日本製。また、フルモジュラーでケーブルの脱着ができるほか、シングル+12Vレーン採用でハイエンドグラフィックボードにも安定した電力を供給可能です。

そしてなんといっても、コンパクトな筐体が魅力。このクラスの電源ユニットはどうしても大型化してしまいますが、奥行15センチとすっきりまとめています。ハイエンドグラフィックボードを搭載しつつ、RAID構成で複数のHDDをつなぐ場合に重宝しそうな電源ユニットです。

また、ファンの回転数が最大1000rpmとかなり少なく、騒音も少ないでしょう。グラボ1枚刺しなら安定性、騒音、容量の面から考えてベストバイの一つに入りそうです。

GTX1080SLIにも対応可能!12年保証の高品質モデル「SSR-850TD」

オウルテックから発売されているSeasonic社製電源ユニット「SSR-850TD」は、容量850W、80PLUSTitanium認証、最高変換効率94%という玄人をも唸らせる高品質モデルです。もちろんコンデンサはすべて日本製。

実売価格は3万2千円から3万5千円程度でしょうか。名門Seasonic社が自社開発した「PRIMEシリーズ」は、特に高品質な電源ユニットを追求したものといえます。その中で現状最も容量が大きいのがこのモデル。

GTX1080の2枚刺し(SLI)にも十分に対応でき、高性能流体軸受け方式を採用したファンも非常に静かです。一説によるとSLIでそれなりに負荷をかけても300rpmという超低回転でしかファンが回らないとのこと。また、超長期保証ともいえる12年の保証期間をもっているので初期不良や故障なども心配いりません。(無償新品交換)

OCやSLI、クロスファイアといったハイスペックPCをガンガン使いまわすヘビーユーザーにとっては、ぜひ手に入れておきたい電源ユニットのひとつかもしれませんね。

近年はPCパーツの省電力化で1000W以上の電源ユニットは本当に少なくなりました。つまり、850Wクラスまでで、大抵のことができてしまうのです。SLI、クロスファイア構成でOCをかけたとしても、実際の消費電力はせいぜい600Wから700Wでしょう。

そのため、ハイスペック構成だとしても、850Wで十分に足りてしまう、という点が一昔前のとの大きな違いです。どれもベストバイに近いので、要検討ですよ!

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!