ついに解禁!18コア36スレッド対応Core-X搭載BTOパソコン

Intel社が2017年の大詰めに怪物CPUを放り込んできました。それは、18コア36スレッドのハイエンドCPU「Core i9-7980XE」です。

そしてBTOショップ各社からもCore i9-7980XEを搭載したパソコンが続々と登場しています。

Core i9-7980XE搭載のBTOパソコンがついに解禁

2017年10月25日より発売解禁となったIntel社のCPU「Core i9-7980XE」を始めとしたCore-Xシリーズ。

最上位モデルのCore i9-7980XEでは最大18コア36スレッドという驚異的なスペックを誇ります。これはAMD社のRyzen threadripperを強烈に意識したモデルといえるでしょう。

メニーコア化が進むCPU市場で、IntelとAMDの2社がどう戦っていくのか楽しみですね。

また、Core-Xシリーズの発売を受けて、BTOショップからCore i9-7980XE搭載のゲーミングPCが発表されています。

今回はその中でも、最上位のハイエンドモデルを見ていきましょう。

パソコン工房「LEVEL-FA29-LCi9XE-XNDVI」

CPUにCore i9-7980XEを採用し、メモリは64GB、GTX1080Ti×2(SLI構成)、1200W電源にM.2SSD搭載という破格のスペックを誇ります。

価格はなんと税別602980円。まさにモンスター級です。マザーボードとグラフィックボードがASUS製で、信頼度が高いモデルと言えます。

2017年時点では、このPCで出来ないことはほぼないといえるかもしれません。

ドスパラ「ガレリア VZ-X」

パソコン工房のモデルと比較すると、メモリ(32GB)、グラフィックスボード(GTX1080Ti×1)で劣るものの、他はほぼ同等のスペックです。

価格は税抜き529980円。GTX1080Tiが1枚当たり95000円程度で買えることを考えると、パソコン工房のモデルよりやや割高かもしれませんね。

Ryzen threadripper1950Xの対抗馬となるか?

Core i9-7980XEはコア数、スレッド数ともにRyzen threadripper1950Xを上回っています。

しかしベースクロックではやや劣り、価格は2倍程度。各種ベンチマークの結果を見ると、コストパフォーマンス面では厳しい戦いを強いられるものの、絶対性能では1950Xを上回るシーンも見られます。

このあたりはコスパの良さをとるか、絶対性能をとるかという2択を迫られそうです。BTOショップ各社からも、新しいBTOパソコンが登場することを期待しましょう。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2017年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!