自作PC組み立て時の意外な失敗談

自作PCの組み立てはそれほど難しい作業ではありません。主要パーツは10個くらいですし、慣れれば誰でも簡単にドライバー1本で組み立てられます。

しかし、思わぬところで失敗があるのも事実。そこで、自作PC組み立て時の意外な失敗談をまとめてみたいと思います。

マザーボードのコンデンサが破損

冬場の組み立てで意外と多いのがこの失敗。マザーボードのコンデンサに服の袖や軍手が引っ掛かり、そのまま引っ張ってしまってコンデンサが曲がってしまいました。

コンデンサが曲がってしまうと、素人には手も足も出ないため、新品のマザーボードが完全に無駄になってしまいます。

マザーボードは見えにくい小さな突起が多いので、軍手に引っかかるリスクを考えれば、素手で作業すべきかもしれませんね。

また、突起にひっかかりやすい素材の服は避けるか、半そでや七分丈を着用したいところです。

CPUが「スッポン」

もはや自作PCユーザーの伝統芸ともいえるのが、「CPUスッポン」です。CPUスッポンとは、「CPUがCPUクーラーとグリスでくっついてしまい、CPUクーラーを外すタイミングで一緒に抜けてしまう」状態を指しています。

これがなぜ危ないかというと「CPU(マザーボード)のピン折れ」が発生するリスクが非常に高いからですね。

CPUは垂直方向にそっと持ち上げる感じで取り外すのが普通です。これは、装着部分のピンが非常に折れ曲がりやすいから。

CPUがクーラーと一緒にスッポンしてしまうと、勢いがついた状態で斜め上にCPUが抜けるためピンが折れ曲がってしまうのです。

特にCPU側にピンがついているAMD製のCPUは、スッポンにならないように、固着しにくいグリスを塗っておくべきです。

また、グリスは長期間放置すると固まって固着しやすくなるので、数か月~1年おきぐらいに塗り替えるようにしましょう。

冷却能力が落ちにくくなるので、CPUの冷却対策としてもおすすめです。

CPUクーラーのサイズが大きすぎる

これもよくある失敗談にも関わらず、やらかしてしまう人が絶えないですね。CPUクーラーは大きさと冷却能力が比例するため、放熱フィン部分の「高さ」「幅」があるものが人気です。

最近はサイドフロー型が人気なせいか、高さのあるCPUクーラーが増えたように思います。

しかし、この高さが「ケースにおさまらない」「ケーブルと干渉する」といった問題を引き起こすことも事実。また、台座とヒートパイプ部分の幅が広すぎて、周囲のコンデンサやメモリスロットと干渉することも。

パーツ同士の干渉は、放熱を妨げ、故障の原因になってしまいます。自作PCの場合、マザーボードの配置とCPUクーラーのサイズ感を目視で判断しなくてはいけませんが、これがなかなか難しい。

もっとも、ほとんどのマザーボードは大型CPUクーラーとの相性がでにくい設計になっているので、それほど心配はいらないのですが…。

mini-ITXサイズのケースを使用する方は、要注意です。

初心者はBTOをカスタマイズがおすすめ

こうした自作PCのトラブルは「ゼロから組み立てる」ことで発生するものばかり。自作PCを開始するにあたり、もっとも簡単なのは「BTOパソコンをベースとしてパーツ交換を重ねる」ことです。

こうすることで、少しずつPCの仕組みや組み立てのコツを学んでいき、やがては単独でもゼロから自作することができます。

BTOパソコンならパーツ同士の相性問題もほぼ起きませんしね。サポートもあるので、初心者ならまずはBTOパソコンをベースとして自作を学んでみてください。