4コア化した第8世代Core i3 が注目を集める理由

2017年終盤、すい星のごとく現れたコスパ抜群の神CPU「Core i5 8400」。1世代前のハイエンドCPU「7700K」に迫る性能を持ちながら価格はミドルレンジという衝撃のCPUでした。

今回はCore i5 のもうひとつ下、第8世代Core i3についてフォーカスしてみます。ゲーミングPC用CPUとして、にわかに注目を集めているのです。

4コア化で純粋にパワーアップした第8世代Core i3

第8世代に入り、Intel製CPUは軒並みパワーアップしました。メニーコア化が進んで純粋にコア数が倍になり、ハイエンドからローエンドまで性能が底上げされています。

最近はCore i5 8400 とCore i7 8700Kの注目度が高いですが、Core i3にも注目のCPUはあるのです。それが「Core i3 8100」になります。Core i3は従来の物理2コアから4コアへとアップグレードされ、キャッシュ容量も単純に2倍です。しかし、価格はリーズナブルなままです。

例えば、Core i3 8100は物理4コア4スレッド、動作周波数は3.6GHzと十分すぎる性能を誇っています。この性能で価格は税込み14300円程度。最安値はBTOショップ大手のドスパラで、送料も無料になっています。

性能面では2世代前のミドルレンジクラスと同等で、ゲーミングPCのCPUとしても十分ですね。単純に Core i5 6500クラスとの比較でも性能で10%程度の向上が見られるため、圧倒的にお得です。

国産MMORPGならCore i3でも十分?

正直なところ、第8世代Core i3の性能をもってすれば国産MMOPRGクラスなら不便を感じることは少ないでしょう。ドラクエ10、FF14といったメジャークラスでもGPUに15000円前後のロー~ミドルレンジを搭載するだけで、快適なプレイが可能です。

性能的には最早Skylake世代のi5 6500を抜いてしまっていますから、Core i3 8100より上のCore i3 8350Kならば殆どのゲーミングPCのCPUとして採用できます。

ただし、Core i3 8350Kは神CPUと名高い「Core i5 8400」と価格が1500円ほどしか違わず、価格的になんとも難しい立場にいることは確かです。そのため、Core i3を買うならば8100、それより上ならばi5 8400という選択が賢いかもしれません。

ハイエンド環境以外ならCPUはかなり安くできる

ハイエンドなゲーミングPCを必要としないなら、CPUは最早Core i3 8100かCore i5 8400で充分です。もちろん、i7 8700KやRyzenという選択肢もありますが、用途は限られてきます。

第8世代CPUはローエンド~ミドルレンジ帯の性能底上げが凄まじく、一気にメインPCのCPUとして使えるレベルに上がりました。Core i3 8100でゲーミングPCを組むのなら、CPUで節約したお金をGPUにまわし、トータルの性能を上げることもできます。

もはや、Core i3は「やや力不足」という表現が似合わないほどに、パワーアップしているのです。

コスパ最強!BTOパソコンおすすめランキング 2018年版

BTOパソコンってたくさんあって選ぶのは大変ですよね?でも失敗はしたくありません。そこでコスパ抜群で誰にでもおすすめできるBTOパソコンを私が厳選しました!